2016年04月03日

ピエール イズ バック

ffxiv_20160330_222519.jpg

 なんてタイトルを英語で気取ってみましたが、そもそも自分は英語が喋れないし、まして只の復帰だろー? いちいち大仰に言うんじゃない、なんていうご指摘は至極ごもっともなご意見として、いっさい受け付けない。

 ゲームの方ではちょびちょびインしていましたが、ブログの方は約1年ぶりの投稿となります。

 1年と言えば「私はお父さんの恋敵になりたいナ」なんて言っていた愛娘が「お父さんの社畜主になりたいヌ」なんて生意気を言うまでに成長するに十分な期間で、光にすると9460730472580800mも先に進んだことになります。

 ところで子供さんが「将来、光の戦士になる!」と言ったらあなたはどうしますか。

ffxiv_20160106_224633.jpg

 まずは3サイズから教えて貰おうか。

 それにしてもレベル60になって、スキル廻しが非常に難しくなりましたね。自分は黒魔導士と召喚士しかカンストさせていないのですが、スキルの最適化すら出来ない状態で、覚束ないことこのうえなしです。

ffxiv_20160105_232949.jpg

 上の画像は、FCのガチ勢のリサさんに召喚の新スキルについて教えて頂いているところです。しかし、リサさんが美し過ぎて、とても教えが頭に入りませんどうしたらいいですか。キラリ。飲み過ぎて前後不覚になるほど酔っ払ってなどいない。

 最後に、自分が休止している間に引退した仲間へ、ありがとうそしてまたいつでも戻ってきてねと、この場を借りてメッセージを残したいと思います。

ffxiv_20160126_002044.jpg

 それでは何卒、緑の紳士をまたひとつご贔屓に、よろしくお願いします。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 15:18| Comment(2) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

ブログ休止します

 率直に言いますと私は仕事が大嫌いないわゆるごく潰しの類でして、即ち私のベースラインは人間の屑であると自覚はしております。

 そんな私が今年で福祉職に就いて8年目となります。

 仕事を始める前から未だにずっと私の中で呪縛となっている言葉があります。

 確か職安の失業保険目当てで、求職実績を作る為にヘルパー講習を受けたのですが、その実習先の施設長が「君はきっと福祉にとってなくてはならない人になる」とおっしゃられたのです。

 たかがニートの小僧にそんな言葉をかけるなど、きっと彼は危険薬ドラッグでもやっていたに違いないと思うんですが、ニートもおだてりゃ木に登るのでしょうか。

 未だもって失敗の連続ですが、福祉の仕事はずっと続けています。

 最近になってようやく「福祉にとってなくてはならない人」とは、現場に出た瞬間に全ての福祉従事者がそうなのであると漠然と分かりかけてきたのですが、私は資格マニアに陥ってしまい、あまつさえ専門に通ってまで国家資格を取得したのですけれど、しかしべつに資格が仕事をする訳ではありません。

 ぶっちゃけ専門を卒業してから、燃え尽き症候群になっていた感を否めません。

 仕事なんて楽な方が良いと腐っていた末、いつの間にか閑職に追いやら、しかし、それは違うだろうと心の片隅にくすぶっていた小さな燃えカスが、ここのところ何だか引火してしまい、手が付けられない状態になって参りました。

 所詮ごく潰しがベースの人間でありますから、大したことは出来ない自覚は激しくあるのですが、もう一度自分の仕事というものにキャリアアップも含めてガチで向かい合ってみようと決意しまして、いきおい、残念ながらFFのプロからの撤退をせざるを得ません。

 ブログも書けない状態になると思いますので、誠に身勝手で唐突乍ら、休止宣言をさせて頂きたく思います。

 とはいえ、ブログを閉じるわけではないので、書けたら書くの姿勢ではいますが、更新は滞ります。今までこのような僻地のブログを読んで下さった方々、コメントまで残して下さった方々、愛しています。

 FF14を引退する訳ではなく、出来る範囲でインしますので、また見かけた際には、どうかよろしくお願い致します。

Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 00:26| Comment(7) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

希望の灯火

 4月を迎え、新年度も始まり、新しい生活を迎える方も多いのではないでしょうか、貴方の歩む道に幸あらんことを。

 それが例えどんなに辛く困難な道であろうとも、その先に、希望の灯火はきっとあります。

 という訳で、パッチ2.55で実装された「希望の灯火PartU」のメインクエストをクリア致しました。我ながら綺麗な出だしだったと思います。心にもないことを言いやがって、なんていうクレームは受け付けません。

 希望の灯火PartUの物語は、先にクリアされた方の評判が高かったので期待していたのですが、成程、個々で好き嫌いはあるでしょうが、インパクトのあるものには違いありません。

 運営が、パッチ前からフォーラムでネタバレの予防線を張るなどしていたのも、頷けるというものです。

 当ブログでも、ネタバレは避けたいと思います。ただ一点。希望の灯火をクリアした方に意見を伺いたい。

ffxiv_20150402_125443 (800x540).jpg

 このタタルさんの笑顔を……下衆顔と取るや否か。

 お使いの連続、だるい、面倒くさいなど、散々だったメインクエストですが、一転、続きが待ち遠しくなってきました。拡張版が楽しみですね。

ffxiv_20150402_125437 (800x539).jpg

 一方、紳士は一転の曇りもない爽やかな微笑です。頭をバンダナに変えてみました。メインクエストのムービー時に格好良く映りたかったからです。ただ物語の後半で、某NPCとお揃いになってしまい、やや萎えたのは秘密です。

 さて、前回の記事で侵攻編4層クリアしたことをお伝えしたバハ活動ですが、あれから2回ほどクリアしまして、だから俺はFFのプロだと言っているだろう、どうということはない。いずれも、自分にカータが来ないというラッキークリアでした。うくく。パッチ2.55で期待したギミック緩和が結局、ありませんでした。

 真成編1層もクリアさせて頂きました。

 これも、自分が青線-青玉という厄介なギミック担当から外されたことが、やはり一番の勝因かと存じます。

 いちいちギミックを受けてしまう自分は、本当に佐竹義宜並の律儀ものよなあ、などと独り言ち、真成編2層以降は超える力の導入が、ひとえに希望の灯火なので御座います。

Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 18:06| Comment(4) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

ゼータの鼓動

 日中はだいぶ暖かくなって参りました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ffxiv_20150308_004429 (800x540).jpg

 FCの事務所の庭にも、桜が咲きました。季節イベントの景品らしいです。最終的には6本にまで増えていました。

 リアルの桜は、今年は平年並か早めに咲くそうです。

 さて、そんなことよりゾディアック・ウェポンです。

ffxiv_20150301_190127 (800x540).jpg

 何とか、最終段階のゼータにすることが出来ました。アイテムレベルは135で、現在最高レベルの得物であります。思い返せばレリックの時代から、遠くへ来たものだと感慨深いものがあります。

ffxiv_20150301_185356 (800x540).jpg

 ゾディアック・ウェポンのクエストはこれで終了ということで、以降は廃止となるのか。名ばかりを変えた中身は同じのクエストになるのか。気になるところです。

 で、せっかく強い武器を手に入れることが出来たんだからって、じゃあ放置していたバハムート侵攻編4層に挑戦してみようと思ったのが運の尽き、竜神フェーズに挑んでは跳ね返されのすっかりノイローゼでした。

 侵攻編ストッパーと言われるネールのギミックは、さすがに鬼畜です。

 こんなの絶対クリア出来ない!と絶望しましたが、もう意地です。

 毎日護摩を焚いて自分にカータライズが来ないよう真言を唱える、技のタイムシフト表を作る為に猿でも分かるエクセル初心者入門編を読み始める、DPSを上げる為に寝る前に足上げ腹筋を10回する、などの入念な対策を立て、たかがネトゲにすっかり自分も廃人の仲間入りだなと自嘲すると同時に、FFのプロとして誇らしい気持ちでいっぱいです。

ffxiv_20150313_013217 (800x539).jpg

 最後は、自分だけ竜神フェーズの間は死んでいるという大技を編み出し、侵攻編4層、クリア致しました!!

……ギミックが緩和されたらまた行きたいと思います、うくく。

Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 20:07| Comment(4) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

ゴールドソーサー

 この頃、休日にピンポイントで雨が降り、洗濯ものがお外に干せません。

 これは休日の度にメンテが来るというのと、近いものがあるかもしれません。間が悪いのでしょう。

 まあ一雨ごとに温かくなると思えば、鬱陶しい雨も或いは恵みと言えましょうか。

 近所の梅も紅白の花を付け、春の訪れを告げています。

ffxiv_20150221_225358 (800x539).jpg

 おやおや、ピエールにも春の訪れですか?

 さて、今週の火曜日にパッチ2.51が実装されましたね。

 目玉のマンダヴィル・ゴールドソーサーには、パッチ当日は大盛況で、中に入ることも叶いませんでした。一部、変態規制の噂も流れていましたが、何を隠そう、自分はど変態です。規制の枠を超え、顔パスで入れる筈なのですが……

 後日パッチが当たり、気軽に中へ入れるようになりました。

ffxiv_20150227_001714 (800x540).jpg

 ゴールドソーサーの創始者の金色の銅像です。

 FCメンバーのお父さんに場所を教えて頂き、記念にSS撮影させて頂きました。

 ゴールドソーサー内には、ミニゲームが随所に散りばめられ、遊技場の雰囲気がよく出ていると感じました。時折、場内にアナウンスされるG.A.T.Eという大人数で遊べるコンテンツも、自分は数回しか参加したことしかないのですが、周囲の評判は良いですね。

 ゴールドソーサーに籠もってしまった、なんてロドストの日記も稀によく見かけます。

ffxiv_20150227_001848.jpg

 創始者が誇らしげに場内を見渡しています。ゴールドソーサーは概ね大成功ではないでしょうか。

 自分はまだチョコボレースに行っていないので、機会があれば行ってみたいですね。

 実はゴールドソーサーにはそれほど足を運んでおらず、やはりゾディアック・ウェポンのハムハム活動に首ったけなピエールなのでありました。

 今回のZWクエは、以前のティンティン活動の縮小版という感じで、まあ簡単には簡単なのですが、周回することには変わりはなく、やっぱり骨が折れますね。

Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 12:11| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする