2016年06月22日

アニマ・ウェポン

 パッチ3.3が既に始まっていますが、自分にとってはレリック武器から始まる変態こつこつ系武器作成コンテンツがFF14においてのライフワークなのであり、現在はアニマ武器とその名を変えておりますが、こいつが完成するまではパッチ4.0すら始まっていないという覚悟で臨んでいるがゆえ、アニマ武器が完成したらブログもアップしようとしていたんですよ。

 などと前回の記事と同じことを言っていますね。

 ところが全然終わらないのです。

 まあパッチ4.0はまだ始まっていないからイイヤ、なんて卑屈に笑う。

 とか言いながらも、謎めいた〜〜のアイテムが残り10個くらいから俄然やる気が湧いてきまして、アレキ一層起動編マラソン10周とか、なかなかハードな日程をこなしていたりいなかったり。

 少なくとも来週中には完成するんじゃないかな、などと取らぬ狸の皮算用を膨らませています。

ffxiv_20160601_212139 (2).jpg

 あ、でもパッチ3.3でまた新しいアニマウエポン・ストーリーが始まるんですよね。

「もうウンザリなんだあああああああああああああああああああああああ!!」既に挫折、からの発狂、しているピエールの中の人です。

 というわけで、パッチ3.3が開幕してもやはり出遅れている自分ですが、メインストーリーや新しく実装されたIDには、ひと通り行って参りました。

 予習なしで行けるIDは、やはり楽しいですね。

ffxiv_20160607_223855 (2).jpg

 衝撃のル・アシャ大甲佐の……黒渦団所属の紳士と致しましては、勿論、この無防備の前に立つのが、必須の義務なのではないかと存じております。

 しかし、エキスパート・ルーレットでは、片一方のソール・カイ(Hrad-Core)ばかりで、まだハルブレイカー・アイル(ハーコー)には初見の一回しか行けていないのです。

 前回のエキルレも、逆さの塔が八割がたでしたから、やはりどうしても偏りがでるようですね。

 次回こそは、アニマウエポン完成(パッチ3.3以前)の報告が出来るかと思いますので、生暖かい見守りの程をよろしくお願い致します。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 12:25| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

五月病

 仮想空間において、先月4月から新しい生活を迎えた諸君、そろそろ人生に絶望し始めた頃だと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

 まずひとつ、たったひとつで良いから、これだけは確実に出来るという仕事を身に付け、少しずつどうか焦らずに、あなたの存在を周囲に証明していくのです。

 あなたという存在が認められることによって、周囲との信頼関係が育まれ、だんだん絶望の中からでも希望の光が見え始めるのではないでしょうか。

ffxiv_20160518_011000 (2).jpg

 なんて面倒臭い説教をする先輩がありましたならば、とりあえずガン無視しておくのが無難だと思われます。

 あ、ちなみに現実はエオルゼアだから。

 実は、アニマウエポンの武器が完成したらブログをアップしようとしていたのですが、謎めいた各種アイテム集めに手こずってしまいまして、ようやく40/80が貯まったところで御座います。

 やっと半分かよwってお恥ずかしい限りなのですが、仮想空間に嵌まり込んで現実世界に影響が出るなんていうのは、各方面の著名人のおっしゃいます通り、社会人としてはまじ失格なことなのであり、自分自身に猛省を促しているところでありますので、どうかご容赦のほどをよろしくお願い致します。

 というわけでパッチ3.3までに、アニマウエポンのレベルアップは間に合いそうもありません。

 メインクエストの方が先に終わってしまいました。

ffxiv_20160518_012141.jpg

 ピエール、なかなかイケメンじゃねえかとつい思ってしまうのは、親馬鹿というものでしょうか。

ffxiv_20160518_020202.jpg

 昨日、フレの助けを得て、ようやくアレキ起動編ノーマル4層とセフィロト・ノーマルをクリアして参りました。来週末からは、極セフィロトの攻略企画に合流出来る予定です。嬉しいなあ。

 友がやっぱり一番の財産だよ、っておいおい、何やら今日は私の中でウザいモードが発生してしまっている模様です。出勤したら実は公休日だった、ということが影響しているのでせうか。

 こじらせないうちに本日はこの辺で!

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 10:33| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

エキスパート

 復帰の心得について、最近、自分は学んだ気がします。

 フレやFCもしくはLSのメンバー、或いは通りがかる不特定多数のプレイヤーが、自分よりも高いコンテンツに挑んでいて、未だエキスパート・ルーレットにも行けていない自分はまるで馬鹿のようで悲しい、というのは事実ではあるのですが、しかしこれは目線の問題だと思うのですよ。

 そういう僻みの気持ちではなく、そこに至るまでの他プレイヤーの苦労に思いを馳せ、ああ凄いな、きっと相当の努力をしたのだなとリスペクトの心で敬意を持ち、さすれば悲しい気持ちはたちまち晴れ、復帰している段階を楽んでいるあなたがそこにいることでしょう。

 あなたの心にも虹が出ますように!

ffxiv_20160408_234721.jpg

 みたいなことを言う奴がいたら迷わず刺し殺すことを僕は推奨します。

 上のSSは、50レベル・ルーレットで行ったハルブレイカーアイルIDで、クリア後に出ていた虹を撮ったものです。

 ていうか何故、そんなところにいたの? と言えば、ぶっちゃけエキスパートどころか60レベル・ルーレットにも行けず、他に行くところがなかったからです。

 でもフレやFCメンバーの援助のおかげで、行けるようになりました「エキスパート・ルーレット!」

ffxiv_20160408_210409.jpg

 エキスパートID2つのうち、自分は逆さの塔IDが好きです。特に上のラスボスの人形。チャッキーみたいで可愛いですよね。

 ID終了後「……悔しい呪ってやるby人形」というレターがモグポストに届けば、尚良かったと思います。さらに「www.pierre.com.sell gil 1kgil only 7$……なんて業者だと思った? 残念、人形でした。末代まで祟ってやる。フレになってくれませんか」というtellが不意に届けば、最高でした。

 それFFじゃないですね。

 ともあれそんなこんなで、伝承、も1週間で450集めることが出来るようになりました。全ての光の戦士に感謝尊敬です。ありがとうございます。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 02:04| Comment(2) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

セブンイレブン

 前回も書きましたが、キャスター職をカンストさせた自分は、とりあえず黒魔導士の装備の充実を計り、禁書装備を集め切りました。

ffxiv_20160407_003557.jpg

 禁書装備は各ジョブ固有のものとなっていて、個人的にもなかなか気に入りなので御座います。

 召喚士の方も、24人レイドのヴォイドアークに通うということを覚え、そこでドロップされるキャスター装備を集め終えました。

ffxiv_20160407_003058.jpg

 ヴォイドアークでは、さらに禁書装備を強化することが出来るアイテムをクリアするたびに貰えるので、ヴォイド通いはまだしばらく続きそうです。

「こんにちは、不慣れな私ですがよろしくお願いします」「というのも復帰したばかりだからで御座います」「かといって復帰以前は上手だったのかと言えばそうではなく、やはり下手な地雷プレイヤーでした」「つまり最低の豚野郎だということだ、くそったれ」「ああ、くそったれというのは自分に対しての罵りなのであり、決して皆さんに対して吐いた言葉では御座いません」「ああ、ああ、私ったらどうしましょう、オーマイゴッド」「今、私は自分自身に罰を与えているところです。なので皆さま何卒、ご容赦を」「イヒイヒヒ、壁がこんなに血だらけなのぉ、真っ赤なのよう」「もういやああああああああ!!!!!」という挨拶をする自意識過剰なプレイヤーがヴォイドにいましたら多分それは私なので、よろしくお願いしますね。

 ところでセブンイレブン大勝利ですね。

 セブンイレブンとFF14のキャンペーンのことですが、4/1に日付が変わって間もなく、フレンドのフレアさんとハルノブさんが、早速、アイテムをゲットしていやがりました。

ffxiv_20160401_010311.jpg

 キャンペーンのメイド装備、女性が着ると可愛いですね。

 さらにフレアさんに至っては、初代でぶチョコボまでゲットされていたんですよ。

ffxiv_20160407_004739.jpg

 いろはす28本、家まで運搬するのが大変だったそうです。そのヴァイタリティに感服ですな。自分も紳士服くらいゲットしようかしら。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 12:05| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

ピエール イズ バック

ffxiv_20160330_222519.jpg

 なんてタイトルを英語で気取ってみましたが、そもそも自分は英語が喋れないし、まして只の復帰だろー? いちいち大仰に言うんじゃない、なんていうご指摘は至極ごもっともなご意見として、いっさい受け付けない。

 ゲームの方ではちょびちょびインしていましたが、ブログの方は約1年ぶりの投稿となります。

 1年と言えば「私はお父さんの恋敵になりたいナ」なんて言っていた愛娘が「お父さんの社畜主になりたいヌ」なんて生意気を言うまでに成長するに十分な期間で、光にすると9460730472580800mも先に進んだことになります。

 ところで子供さんが「将来、光の戦士になる!」と言ったらあなたはどうしますか。

ffxiv_20160106_224633.jpg

 まずは3サイズから教えて貰おうか。

 それにしてもレベル60になって、スキル廻しが非常に難しくなりましたね。自分は黒魔導士と召喚士しかカンストさせていないのですが、スキルの最適化すら出来ない状態で、覚束ないことこのうえなしです。

ffxiv_20160105_232949.jpg

 上の画像は、FCのガチ勢のリサさんに召喚の新スキルについて教えて頂いているところです。しかし、リサさんが美し過ぎて、とても教えが頭に入りませんどうしたらいいですか。キラリ。飲み過ぎて前後不覚になるほど酔っ払ってなどいない。

 最後に、自分が休止している間に引退した仲間へ、ありがとうそしてまたいつでも戻ってきてねと、この場を借りてメッセージを残したいと思います。

ffxiv_20160126_002044.jpg

 それでは何卒、緑の紳士をまたひとつご贔屓に、よろしくお願いします。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 15:18| Comment(2) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする