2016年11月09日

GPUを変えました

 春夏秋冬のうち、どの季節が好きかと聞かれれば、秋、なかでも金木犀の香りがする頃がいちばん好きなのと答える、ロマンティックが止まらない、紳士a.k.aピエールんで御座います。

 穏やかでしかしどこか物悲しい秋の休日には、喧噪な日常(FF14)から離れ、ダージリング・ティーを入れ、優しい木漏れ日の窓辺で、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンをマックス大音量で聞きながら、ゆっくり読書、なんていう過ごし方も良いのではないでしょうか。

ffxiv_20161107_230915.jpg

 本の中身は無論、コンプリートガイドですよね。

 残念ながら、エオルゼアでは季節の移り変わりがイベント以外では感ぜられませんが、それでも美しい背景であることには変わりません。

 そんなエオルゼア世界を最高品質で感じられたらとの思いがふといやまして、というのも蒼天のイシュガルドでDx11になってからというもの自分のGPUであるGTX670では、最高品質でプレイするにはやや実力不足だったからです。

 ノートパソコンの高品質に設定して遊んでいました。

 お予算的な紆余曲折を経て、GTX1060を購入しようと決断し、しかしそこから長く思い悩む日々が続き、どのメーカーのものを買おうか価格COMなどのサイトと睨めっこしながら、ASUSか、MSIか、ZOTACの三社まで絞り込んで、あとは実際に各メーカーがある台湾と香港へ行き、それぞれ工場見学をさせて頂いてから決めるつもりでしたが、台湾と香港は海の向こうにあるんですね。

 25Mしか泳げないので工場見学は断念せざるを得ませんでした。

K0000895014_0003.jpg

 結局、MSIのGTX 1060 GAMING X 6Gをツクモの通販で購入と相成りました。

 決め手はやはり、エスエム、愛、に通じる社名でしょうか。ハハハ、半分冗談ですよ。

 CPU;i7-4770でベンチの数字は以下の通りです。

ベンチ.jpg

 CPUが最新のものならば、13000以上は出せる模様ですが、FF14を遊ぶには問題なさそうです。

 ちなみに、非常に快適の下で親指を立てている女性キャラクターは、ピエールの妹と脳内設定して作成したキャラクターです。何故かピエールのキャラクリのデータが吹き飛んでしまった為、ベンチの時に代わりに活躍してくれています。他にも、ピエールの伯父、義弟のキャラクターがいます。

 メイン黒魔導士には、設定厨のきらいがあるのでしょうか。Thanks my knight :)

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 14:53| Comment(0) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

ファン・フェスティバルin2016

 秋深き/隣は何を/する人ぞ〜松尾芭蕉

ffxiv_20161002_003205.jpg

 FF14に決まっているだろう!

 なんてブログ開設以来、開発への謎のこびへつらいを一貫して見せつけるミステリアス紳士、皆さんご機嫌うるわしゅう、ピエール・エロワで御座います。

 そんな私めの積年の功績を吉田がお認めになられたのか、ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル2016 TOKYOのチケット2日分の購入権をご下賜いただきました。ありがたいことで御座います。感激の余り、頬がミルク色に染まります。

 尤、あくまで購入権であって、チケットそのものをプレゼントされたのではない為、決して安くはない金額を支払った訳なので御座いますが、恩着せがましく抽選なんかしないで希望者全員チケットを購入できる環境を用意しろよ、などとクレームをつけないのが、テンパードのクオリティなのであると自負する次第なのであります。

ffxiv_20160830_001759.jpg

 しかし、開催日がクリスマス・イブなのがもうなんというか、この日に希望休を取る恥ずかしさを吉田は知っておきなさい。

 とはいえ根廻しは既にばっちりで、仮ながらもイブの休みを確定させてある私めなので御座います。リア充の同僚を裏で暗躍して別れさせたり、東京で大好きなバンドのライヴがあると言い訳しておきましたよ。2日めにTHE PRIMALSのライブも予定されているので、あながち嘘偽りであるとも言えないでしょう。

 それにしても、出不精が皆に知れ渡っていますので「東京へ赴くなんてPさんにとっては外国へ行くみたいなものじゃないかしら?」などと揶揄われたものですが、私とて愛知や岐阜に行ったことがあります。馬鹿にしたものではありません。存外、アクティブなので御座いますよ。

 今から東京へ入国する為のパスポートを申請してまいります。

ffxiv_20161001_232304.jpg

 さて上のSSですが、フリーカンパニーのメンバーのRevoさんが、長らく休止されていたのですが「知人に乞われて復帰したのだが、その知人のいる他サーバーへ移る」ということで、わざわざ別れのご挨拶に来てくださった時のものです。

 FCメンバーからの提案もあり、N.U.Oの制服をお渡しさせて頂いて、本当にささやかながら、餞別の品とさせて頂きました。

 Revoさんもおっしゃられていましたが、思い出は本当にプライスレスです。共に過ごした楽しい時間は、何物にもかえられません。新しいサーバーでのご活躍をお祈りしております。

 これからも一期一会を大切にして、遊んでいきたいですね。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 12:05| Comment(2) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

極セフィロト

 先日NHKの日曜早朝「ぼくらベアベアーズ」というアニメを観賞させて頂きました。

 宿直の朝だったのです。

 テレビを見ながら、仕事はあなうざし、仕事はあなだるし、出来ることならうんこをひっかけてやりたい、などと嘆息をついていましたら、ちょうどやっていまして、台詞の中で主人公の熊が「スマホを落としても品位は落とすな!」と喋っていて、嗚呼これは金言であると滂沱の涙を流した次第で御座います。

 DPSは落としても品位は落とすな。

 ということですね。伝説の黒魔導士にして紳士たる私めにあてはめさせて頂ければ。人生を変えるような真の格言は高いところには断じてなく、低劣、幼稚、下品なものの中にこそ眠っているのです。ゆめゆめお忘れなきよう。

ffxiv_20160908_234540.jpg

 でもピエールは変態じゃないですか、変態と品位は両立するんですかニヤニヤ、などという輩には私の大腸菌を貴公の鞄の中に忍びこませてやるからな、やーいやーいうんこぷー、お前の鞄の中で増殖する私の大腸菌を想像するだけで、悔しいけどk。

 時は遡るのですが、極セフィロトをクリア出来ました。

ffxiv_20160917_215618 (2).jpg

 週末のヴィルさん主催のエンドコンテンツ攻略PTでした。クリア後に上のSSを撮らせて頂きましたよ。当日のメンバーがほぼフレだったので楽しくクリアすることが出来ました。ありがとうございます。

 現在は、極ニーズにゃんの攻略に取り組んでいるのですが、自分が土曜の夜に宿直が入ることが多く、なかなか参加出来なくて残念です。

 ノーマルですら難易度が高いニーズヘッグですが、悲しみを背負った悪役として、人間?的にはとても好きなキャラクターの一人です。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 17:49| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

パッチ3.4

 パッチ3.4が始まりましたね!!

 なんて、パッチ3.41があてられた日に言う時代遅れなシャイなあんちくしょう、ピエールthe紳士で御座います。もみじがよく似合います。

ffxiv_20160830_001229.jpg

 ところでFCのオルさんの個室のお風呂に照明が設置されており、幾枚かSSを撮らせて頂きました。

 湯煙ピエールの需要があれば、また随時アップしていきたいとは思っていませんので、閲覧希望のTellを送って頂かなくても結構です(チラ。

 パッチ3.4のメインクエストを終わらせました。

 蒼天のイシュガルドからこっち、ストーリーの質は上がっているように思います。少なくともお使い感はなくなりましたね。出来れば、ファンタジーなのでとんでも展開は致し方がないというかFFの伝統として容認せざるを得ないのですが、やっつけのご都合主義ではなく、それなりの根拠というものを丁寧に積みあげて欲しいと存じます。

 今回は、バハムート真成編のクリアの可否でストーリーに分岐があるとのことで、パッチ直前にオルさんにクリアPTにお誘い頂き、無事、クリア後の分岐を見ることが出来ました。

 とは言い条、どこが分岐なのか分かっていないダメな子のピエールでは御座いますが、本当にダメな子なのでボクをどうか躾けてください、あぁそんなに躾けられたら、もう、もうピエールは良い子になってしまいます、アリゼーのところがそうなのかな?

ffxiv_20161012_002606.jpg

 そんなことよりも、私だけが気が付いているタタルさんの絶望的な裏切りは今回のパッチではまだ執行されないようで、安堵を強めているところで御座います。

 上のSSの台詞でも確認できるのですが、わざわざアルフィノに「」付きでさんを付けることはいったい、どんな闇の意味を内包しているのか。タタルさんからは、計り知れない無限の漆黒しか感じることが出来ません。語尾の、で、す、の間に込められた、っ、の呪怨の深遠に私は、恐怖のあまりいつも失神してしまいます。

ffxiv_20150402_125443 (800x540).jpg

 パッチ「希望の灯火」でのタタルさんが一瞬見せた凍てついた表情が根拠なのであります。

 おっと、ネタバレが過ぎたようで御座います。誰か来たようだ。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 13:00| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

アニマウェポン完成

 最近、フリーカンパニーの仲間のヴィルさんに、お洒落装備を作って貰いました。ヴィルさんはクラフター裁縫の、免許皆伝的な何かだからです。私のセンスがあるやなしやは置いておいて、友人の製作してくれた装備だし、とてもお気に入りなので御座います(但しミラプリすると製作者の名前が消えてしまうので気をつけよう……)。

 しばらくはこの見た目で頑張るぞ!

 まあ、伝承キャスター装備のデザインが、あまりにもピエールには不向きだったというのが、主たる理由なのですが……。

ffxiv_20160618_212338 (2).jpg

 バケツから金魚が飛び出してくるのを心待ちに見ているララ衆と、パチリ。このうち二人が縮んだフレアさんとヘルにゃんなことは、この際伏せておこう。

 それはそうと、出来ました。

ffxiv_20160623_223440.jpg

 アニマウェポンが!!

 もうパッチ5.0まで完成しないんじゃないかと思っていたので、感動の余り失神してしまいました。謎めいたアイテムからの卒業です。安堵の余り思わず失禁してしまいました。その謎めいたアイテムより先に、次のレベルに上がるアイテムを既に揃えていましたので、一気にアイテムレベル200から230に駈け上がりましたよ。

ffxiv_20160623_223430.jpg

 武器から何か出てきましたが、気にはしません。

ffxiv_20160623_231108.jpg

 きらきら光る武器を手に、ドヤ顔のピエールです。この瞬間の為に、武器育成コンテンツをやっているといっても過言ではないでしょう。アレキサンダー起動編、律動編、釣りバカ日誌番外編、零式どころかもう、公文式、ムエタイ式ダイエット、招待されていない結婚式にまで行っちゃうゾ!

 まじ神ピエール、まじ神ピエールの称賛の幻聴が鳴りやまず、これは木人でその威力を披露し、オレを称えてやまない群衆を落ち着けるのは英雄の義務であると、天の声を聞いた気がしました。

 極セフィロト討滅木人で「おっと一分残し! やべえオレのDPSまじやべえ。いやあそれほどでも」とチャットを垂れ流し、FCメンバーやフレンドから称賛を浴びる自分を夢想していたのですが、現実は甘くなく、いやそこは言わぬがはなでせう。

 クリアはしたのですが、残り時間0秒という、スキル廻しがまるでなっていないという現実を叩きつけられて、その晩は不貞寝し、枕を涙で濡らしました。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 17:26| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする