2016年12月05日

蒼天サントラとオルシュファン

 現在、プロバイダ契約している某〇CN……を名乗るおそらく代理店なのだと思われるのですが、某〇CN光コラボレーションへの移行の勧誘の電話がしつこいだけならまだしも、こちらからの質問もあやふやなまま、転用番号をネットより検索させられ、いわゆる成りすまし詐欺まがいなことをされかけましたので、ちょうど二年の契約も終わることですし、某〇CNとの契約は解除することにします。

 某〇CNは直接関与していないとはいえ、だとしたら個人情報ダダ漏れということだし、電話番号から検索してみたら一応正規の代理店みたいだし(着信拒否にしました。

 総務省からの注意喚起の通り、勧誘の手口がまさにこれでした。

 まあ、非リアルな話はこの辺にしておきましょう(営業妨害で怒られたらこわいですしね)。ちなみに某〇CNはプロバイダとしては、私は静岡県でも比較的主要都市に住んでいますが、FF14のプレイ中においては特に回線も途切れることなく、大手らしい安定感で優秀だったと思います。それだけに余計に残念ですね。

ffxiv_20161204_211138.jpg

 さて先週、FF14サントラ蒼天のイシュガルドのブルーレイ・ディスクを購入しまして、自分のパソコンのドライブはブルーレイではありませんので、今まで購入をためらっていたのですが「PS3は最高のブルーレイ再生機である」ということを祖堅さんがお話されているのをどこかで見て、PS3は持っているので購入に踏み切った次第で御座います。

 パソコンとスマートホンにもMP3化して曲を入れ、特典としてついてくるミニオンも無事、モグステーションから入手しました。上のSSです。FF4のギルバート、だそうです。すまない、よく覚えていない。ミニオンとして連れて歩いていても、あまり目立たない謙虚な吟遊詩人です。9枚でいい。

 大変高音質で良曲揃いですし、ホームネットワーク経由で行うMP3ダウンロードも思っていたより簡単で、他のサントラも買いたくなってしまいますね。

 もう正直聞き狂っていて、只今とてサントラの音源を聞く片手間としてこのブログを書いているようなものです。

ffxiv_20161204_230450.jpg

 フレのヘルさんのアパルトメントのお部屋に、グレイストーンさんの祭壇があったので、その荘厳さに思わずSSを取らざるを得ませんでした。

 サントラを聞いていても知らずその顔が浮かんでくるような、オルシュファン・グレイストーンは蒼天のイシュガルドの主役と言っても過言ではないかと思われます。ファミリーネームまで変わってしまったプレイヤーも、身内におります。PLLで田中理恵さんも「オルシュファンの為にお祈りのモーションが欲しい」的な発言をされていましたね。

 ただ、女性キャラクターか男性キャラクターかで、多少、思い入れの質が違うのかなあ、とも考えます。

 というのも、男性キャラクターのピエール的には、何故同性愛匂のするオルシュファンが、あそこまで女性受けするのか、不思議でならなかったからです。

 逆に言えば、女性キャラであれば見方が反転するということに思い至らない自分の方が或る意味、思い入れが強いのかもしれませんね。お前そんな、美化されるようなハンサムキャラじゃないだろう、と。

 そのうち「それはイィゾンビの振る舞いではありませんね」とか言いながら、いつのまにか復活していることを信じてやみませんので、戻りにくくなってしまうから、黙祷を捧げるようなことはしないのです。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 15:02| Comment(0) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

CPUも変えました

 前回の記事で「GPUを変えました」というお話をさせて頂いて、自分自身、なんという歓びに満ち溢れている回だよなあ、と恥じ入ることしきりで、そんな自慢たらしいことを記事にするなんてなんて厭らしい男の娘なんでしょうこの子は、ああ、お母さまお許しください、そんなに激しくお叱りに預かるとピエールは、ああ、もう別生物になってしまいます。

ffxiv_20161129_231809.jpg

 ようやく初期蛮族クエストのドレイクを購入したのです。

 そんなことはさておき、前回の「GPUを変えました」が見事にフラグとなり、その直後、パソコンがBIOSすら認識しない状態になりまして、FF14にイン出来ない日々が続いていました。

 FF14が私の生活そのものですので、その苦しさはもう言い表せないほどです。

 しばらく疎遠になっている友へ無沙汰の詫びの手紙を書く、定刻よりも30分早く職場に到着する、同僚に爽やかな笑顔で挨拶をする、さらに残業して帰る、休日には気分転換の為に軽井沢へ小旅行に出かける、などの精神を病んだかのような奇妙な行動に加え、1日3食しか食べられないほどの食欲不振、夜も12時間しか眠れない不眠状態に陥り、心身共にストレスフルな状態になっていました。

 依存症? いいえ、FF14が現実のピエールにとって、断じて依存などではありません。これは監禁です。拘束です。束縛です。やんぬるかな、私の未来は闇に染まってしまうのか? 否、断じて、否である。

 Drop the leash, we are young!!Drop the leash, we are young!!

 自由を獲得するために不詳ピエール、比較的機敏な亀、或いは疾走するカタツムリの如く、迅速に動きました。そのさまはまるで、リキャスト待ちの迅速魔のようでしたよ。メイン黒魔導士の、面目躍如といったところでしょうか。

 おそらくマザーボードの故障と断定出来た訳なのですが、色々調べたら規格の絡みで新しいマザーボードを買うとSkylake世代のCPUも買わねばならないということが分かりまして(DDR4のメモリーも)、もうそうなったらパソコンを一式新しく組み立てるということですよね。

 清水の舞台から飛び降りるつもりで、懐から大出血を伴いながらも、実際にケースの側板で指を切って大出血をしながらも、自作第弐号機のパソコンを組み立ててみました。

CPU/i7-6700
mather/MSI H170 GAMING M3
Case/Fractal Design Define R5 FD-CA-DEF-R5
GPU/MSI GeForce GTX 1060 GAMING X 6G
memory/Crucial W4U2400CM-8G [DDR4 PC4-19200 8GB 2枚組]
CPU cooler/Scythe 虎徹 SCKTT-1000

IMG_0109.JPG

 購入したのは上記のパーツで、あとは元のパソコンからの流用で御座います。我ながらわりかし綺麗に配線まで出来たので、自慢の為にわざわざ写真までアップして、なんという浅ましい人間なのでしょうか。いや、詳しい人が見たら噴飯するので、この辺にしておきましょう。特にうちの父親とか。自作でもう、パソコンを10台くらい組み立てている変態です。

 CPUを変えましたがベンチは予想外に伸びず、50ほど上がった程度でした。

 ちなみにCPUは、地元PCショップがセールをしていたのでi7を買いましたが、店員さんが言うにはFF14程度ならばi5で問題ないとのことでしたよ。i5がクラフターが片手で作業しているとするなら、i7は両手で作業している感じだと、FF14で遊んでいるという自分に、店員さんが分かり易い例えで説明してくれました(じゃあi3は利き手じゃない方で作業しているということ?)。

IMG_0112.JPG

 今のところは特に不具合もなく、無事、エオルゼアに戻ってくることが出来ました。

 ところで本日は休日で、のんびりとこのブログの記事を書いている訳なのですが、その最中、フレンドからファンフェス初日にエオルゼア・カフェの予約が取れたとメールが入りまして、嬉しさがマッハなので御座います。

 わざわざ仕事の最中にローソンまで行って予約戦線に体を張ってくださったということで、その感謝と感激は言い表すことが出来ません。ありがとうございました。ファンフェス当日と言えば、クリスマス・イブですから、大激戦なわけですよ。もう、恋心待ったなしですね。

 併せて、アマゾンで注文していたFF14HeavensWardのサントラが、明後日の12/3日が配達予定日のはずが、さきほどポストに投函されまして、本日は歓びが2倍です。

 忙しい師走の一日ですが、少し早いクリスマス・プレゼントを貰ったような気分でした。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 17:01| Comment(0) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

GPUを変えました

 春夏秋冬のうち、どの季節が好きかと聞かれれば、秋、なかでも金木犀の香りがする頃がいちばん好きなのと答える、ロマンティックが止まらない、紳士a.k.aピエールんで御座います。

 穏やかでしかしどこか物悲しい秋の休日には、喧噪な日常(FF14)から離れ、ダージリング・ティーを入れ、優しい木漏れ日の窓辺で、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンをマックス大音量で聞きながら、ゆっくり読書、なんていう過ごし方も良いのではないでしょうか。

ffxiv_20161107_230915.jpg

 本の中身は無論、コンプリートガイドですよね。

 残念ながら、エオルゼアでは季節の移り変わりがイベント以外では感ぜられませんが、それでも美しい背景であることには変わりません。

 そんなエオルゼア世界を最高品質で感じられたらとの思いがふといやまして、というのも蒼天のイシュガルドでDx11になってからというもの自分のGPUであるGTX670では、最高品質でプレイするにはやや実力不足だったからです。

 ノートパソコンの高品質に設定して遊んでいました。

 お予算的な紆余曲折を経て、GTX1060を購入しようと決断し、しかしそこから長く思い悩む日々が続き、どのメーカーのものを買おうか価格COMなどのサイトと睨めっこしながら、ASUSか、MSIか、ZOTACの三社まで絞り込んで、あとは実際に各メーカーがある台湾と香港へ行き、それぞれ工場見学をさせて頂いてから決めるつもりでしたが、台湾と香港は海の向こうにあるんですね。

 25Mしか泳げないので工場見学は断念せざるを得ませんでした。

K0000895014_0003.jpg

 結局、MSIのGTX 1060 GAMING X 6Gをツクモの通販で購入と相成りました。

 決め手はやはり、エスエム、愛、に通じる社名でしょうか。ハハハ、半分冗談ですよ。

 CPU;i7-4770でベンチの数字は以下の通りです。

ベンチ.jpg

 CPUが最新のものならば、13000以上は出せる模様ですが、FF14を遊ぶには問題なさそうです。

 ちなみに、非常に快適の下で親指を立てている女性キャラクターは、ピエールの妹と脳内設定して作成したキャラクターです。何故かピエールのキャラクリのデータが吹き飛んでしまった為、ベンチの時に代わりに活躍してくれています。他にも、ピエールの伯父、義弟のキャラクターがいます。

 メイン黒魔導士には、設定厨のきらいがあるのでしょうか。Thanks my knight :)

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 14:53| Comment(0) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

ファン・フェスティバルin2016

 秋深き/隣は何を/する人ぞ〜松尾芭蕉

ffxiv_20161002_003205.jpg

 FF14に決まっているだろう!

 なんてブログ開設以来、開発への謎のこびへつらいを一貫して見せつけるミステリアス紳士、皆さんご機嫌うるわしゅう、ピエール・エロワで御座います。

 そんな私めの積年の功績を吉田がお認めになられたのか、ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル2016 TOKYOのチケット2日分の購入権をご下賜いただきました。ありがたいことで御座います。感激の余り、頬がミルク色に染まります。

 尤、あくまで購入権であって、チケットそのものをプレゼントされたのではない為、決して安くはない金額を支払った訳なので御座いますが、恩着せがましく抽選なんかしないで希望者全員チケットを購入できる環境を用意しろよ、などとクレームをつけないのが、テンパードのクオリティなのであると自負する次第なのであります。

ffxiv_20160830_001759.jpg

 しかし、開催日がクリスマス・イブなのがもうなんというか、この日に希望休を取る恥ずかしさを吉田は知っておきなさい。

 とはいえ根廻しは既にばっちりで、仮ながらもイブの休みを確定させてある私めなので御座います。リア充の同僚を裏で暗躍して別れさせたり、東京で大好きなバンドのライヴがあると言い訳しておきましたよ。2日めにTHE PRIMALSのライブも予定されているので、あながち嘘偽りであるとも言えないでしょう。

 それにしても、出不精が皆に知れ渡っていますので「東京へ赴くなんてPさんにとっては外国へ行くみたいなものじゃないかしら?」などと揶揄われたものですが、私とて愛知や岐阜に行ったことがあります。馬鹿にしたものではありません。存外、アクティブなので御座いますよ。

 今から東京へ入国する為のパスポートを申請してまいります。

ffxiv_20161001_232304.jpg

 さて上のSSですが、フリーカンパニーのメンバーのRevoさんが、長らく休止されていたのですが「知人に乞われて復帰したのだが、その知人のいる他サーバーへ移る」ということで、わざわざ別れのご挨拶に来てくださった時のものです。

 FCメンバーからの提案もあり、N.U.Oの制服をお渡しさせて頂いて、本当にささやかながら、餞別の品とさせて頂きました。

 Revoさんもおっしゃられていましたが、思い出は本当にプライスレスです。共に過ごした楽しい時間は、何物にもかえられません。新しいサーバーでのご活躍をお祈りしております。

 これからも一期一会を大切にして、遊んでいきたいですね。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 12:05| Comment(2) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

極セフィロト

 先日NHKの日曜早朝「ぼくらベアベアーズ」というアニメを観賞させて頂きました。

 宿直の朝だったのです。

 テレビを見ながら、仕事はあなうざし、仕事はあなだるし、出来ることならうんこをひっかけてやりたい、などと嘆息をついていましたら、ちょうどやっていまして、台詞の中で主人公の熊が「スマホを落としても品位は落とすな!」と喋っていて、嗚呼これは金言であると滂沱の涙を流した次第で御座います。

 DPSは落としても品位は落とすな。

 ということですね。伝説の黒魔導士にして紳士たる私めにあてはめさせて頂ければ。人生を変えるような真の格言は高いところには断じてなく、低劣、幼稚、下品なものの中にこそ眠っているのです。ゆめゆめお忘れなきよう。

ffxiv_20160908_234540.jpg

 でもピエールは変態じゃないですか、変態と品位は両立するんですかニヤニヤ、などという輩には私の大腸菌を貴公の鞄の中に忍びこませてやるからな、やーいやーいうんこぷー、お前の鞄の中で増殖する私の大腸菌を想像するだけで、悔しいけどk。

 時は遡るのですが、極セフィロトをクリア出来ました。

ffxiv_20160917_215618 (2).jpg

 週末のヴィルさん主催のエンドコンテンツ攻略PTでした。クリア後に上のSSを撮らせて頂きましたよ。当日のメンバーがほぼフレだったので楽しくクリアすることが出来ました。ありがとうございます。

 現在は、極ニーズにゃんの攻略に取り組んでいるのですが、自分が土曜の夜に宿直が入ることが多く、なかなか参加出来なくて残念です。

 ノーマルですら難易度が高いニーズヘッグですが、悲しみを背負った悪役として、人間?的にはとても好きなキャラクターの一人です。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 17:49| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする