2020年01月09日

光のお父さん

 新年あけましておめでとうございます。

 皆様にとって良い1年になりますよう、心から願ってやみません。ところで「人は嘘をつく時、かならず真面目な顔をする」と、かの太宰治も仰っております。私は今、このうえなく誠意に満ちた表情で1点の曇りもナッシングです。自分だけに幸せが来ますように、だなんてそんなことは露ほどにも…….

 それはさておき。

 つい先日、フレンドが光のお父さんをようやく見たとチャットで仰っていたのを聞き、それがきっかけで、以前から考えていたことを書いてみようと決断した次第です。

 光のお父さんのレビューではなく、光のお父さんに因んだ自分のリアルに関することなので、ロドストやツイッターではなく、誰一人目を通していないだろうこのブログを活用することにしました。

光のお父さん.jpg

 ドラマ・映画以上に、父と自分はまるでかけ離れています。

 父は山村の百姓(本人がそう言っているので敢えて農業ではなく)育ちで、幼少の頃から山中を駆けずり回り、畑仕事も手伝わされたせいで体が頑健でした。そして村長の家系だからか学生時代はテニス、なんて洒落こいたスポーツに勤しんでいます。高校生の時は、国体の選手だったそうですよ。

 ちょっと気弱な性格だった(本人談)のが唯一の自分との共通点ですが、父の弟と従兄弟が裏番と番長だったのでことなきを得たそうです。ちなみに、母方のおじさんも番長で、母も番長の妹ということで特別扱いされ、学生時代は人間関係が楽だったとのたまっています。ちょっと自分の親戚、柄悪くないですか。実際、親戚の集まりでは、両家とも元番長に子供たちも仕切られていましたw

 そして父は田舎から出たい一心で必死に勉学に励んだのか、地元の国立大学に現役で合格しますが、そんな3流の田舎大学には金を出せんと祖父に言われ、一浪した末、都市圏の国立工業大学に夜間部ながら合格します。

 ちなみに、その祖父に3流と罵られた田舎国立大学の小指にも及ばない同県内の8流の私立大学をぎりぎりの成績で、卒業したのは私です。男子が多いせいか、学校周りが学生目当てのアダルトショップだらけで、なんというか、知能の低さがうかがいしれますw

 父は大学の研究室の教授にも可愛がられたそうで、その教授の紹介で化学専門の開発者として、地方ながらもそこそこの企業に就職し、途中転職はしたものの、サラリーマンとして職業を定年まで全うしました。

 もっとも、家庭内では仕事のストレスからか、ただの酒乱のおじさんでしたけどねw

 体の頑健さは兄に受け継がれ、しょっちゅう喧嘩もしていましたが、テニスをしたり、キャッチボールをしたり、兄が成人になるくらいまで、よく一緒に遊んでいました。

 ちなみに、兄は本当にリアル脳筋で、富士登山自転車レースに素人ながら参加し、40歳台の部で入賞するくらいの、体力馬鹿ですw

 頭の良さは姉に受け継がれたのでしょうか。姉は、絵画やエレクトーンの発表会で賞を幾つも取っていました。学校の音楽会では常に花形のピアノ演奏ポジションでした。しかし父の男尊女卑の考えが強く、家から通える範囲の短大しか出してもらえなかったのは、弟ながら残念でなりません。未だに独身なのは、姉なりの反抗なのでしょうか。現在、得意分野を生かし、イラストの素材提供サイトを運営していて、結構大手らしいです。私にはサイトの在処を教えてもらえないのですが、姪っ子が「まじでやばい」って言っていました。

 一方、不肖ピエールこと私が受け継いだのは、酒乱の部分だけですねw

 体が弱くすぐに脱臼する、ちょっとしたことで小児喘息になる、吃音(現在でもバリバリ、オフ会でもフレに不審に思われているんじゃないかなw)で流ちょうな喋りが不可能、等々、そんな出来の悪い子ほど可愛いと世間では言われますが、実際兄も姉も自分に父は甘いと文句をこいていましたが、今思えば、自分とはまるでかけ離れたこの末息子が、父は不気味だったんではないでしょうか。

 だから、距離を置かざるを得ず、喧嘩することすら、避けていたように思えます。

 ごくまれに父と兄とのキャッチボールに誘われれば、自分の投げ方が気持ち悪い、女子みたいな投げ方だと、二人して自分のことを爆笑しておりました。

 まあそんなだから、いきおい姉やその友達と一緒に絵を書いたり本を読んだりして遊んだりすることが多くなり、いかにも男性的な父とは疎遠になる一方でした。

 そして自分が思春期になると、アニメや漫画、ゲーム、パンクロック等、勉強そっちのけでサブカルチャーに傾倒し、両親はお互いに「お前の育て方が悪かったんだ」と、しょっちゅう夫婦喧嘩をするほどでしたw

 大学に合格して実家を離れなければ、何かしら事件を起こしていたかもしれません。

 受験勉強も、勉強するふりをして漫画を書いたり、自作の曲を作ったり、ほぼしていなかったのですが、子供の頃に姉と遊んだ影響で本をたくさん読んでおりましたので、全然勉強しなくても国語だけはクラスでもトップの点数を取れていたりしたんですよね。

 受験した大学が、ほぼ国語の試験だけで合格できるような8流大学で、奇跡の合格を果たしました。

 オタクが両親の軛から解放され、8流らしい同級生や柄の悪い先輩の仲間となり、まあその後は言わぬが華でしょうw

 クズとして人生真っ逆さまになるところ、女性運だけは良かったと思われ、お付き合い頂いた文学好きな方の影響から太宰治、チャールズ・ブコウスキー、中島らも、澁澤龍彦、幸田文などの著書から人生を学び直し、また、福祉に人生を捧げているような方からは社会人としての責任を厳しく伝授され、福祉系の国家資格を2つ取得する熱意を頂いて、とりあえず現在のところ犯罪も起さず人生をやれております。

 もっとも、当然の如く上記の方たちからは愛想を尽かされ、今はFF14一筋です!!

 閑話休題。

8ec85597.png

 定年後、父は脳梗塞を患い、車の運転を出来るくらいにまでは回復したものの、長年の趣味だったテニスなどは出来なくなり、理系らしくPCに傾倒し始めます。

 一方、自分もFF14を始めるに当たって、PCを自作で組み立てることに興味を持ち始め、ソリの合わない親子に、ようやく共通の話題が出来始めます。

 また、父自身が脳梗塞を患ったことによってリーマンらしく頑なに保守中道派だったのが、突如福祉に目覚め、知的精神障がい者の職業訓練の仕事につくなど、サブカルらしく左寄りで職業も福祉職の私との距離も、やや縮まったような気がしました。

 もっとも、父のPCの興味はCADなど実用的なソフトが対象で、またPCの組立もあくまでビジネスで使える範囲で、ゲーマーの無駄に高性能なPC作成は知識としてあっても範疇になく、微妙に興味の対象がすれ違い、まあ親子なんてそんなもんだよねw

ベンチ.jpg
↑上記の画像は私のベンチです。

 それが紅蓮のリベレーターが発売されて少し経った頃でしょうか。

 私が帰省した際、父が「お前のやっているFF14のベンチマークで結構良い数字が出たぞ」なんて、唐突にFF14のベンチマークを始めたのです(ミコッテ♀ではなく普通にヒュラ♂のアルバートっぽいキャラクリだったので息子として安心しましたw)。

 なんだか突然のことで、しかも良い年をしてFF14に夢中になっている自分(まだ若い)への負い目もあったので、大変いたたまれない気持ちになり「ベンチマークなら洋ゲーのが良いんじゃない?」なんて、咄嗟に照れ隠しで言ったことを今も覚えていますw

 父曰く、CPUをRyzenに変えたのに伴い、GPUも良いものにしたので試しにFF14のベンチを廻してみたとのことですが、ちょうどテレビ版の光のお父さんが流行していた頃なので、もしかしたらその影響もあったのかもしれません。

 父は、意外とテレビっ子なのです。

 その言葉の裏には、一緒にFF14で遊びたいという気持ちがあったのかもしれません。

 ベンチの数値も全然、FF14を問題なく遊べる範囲だったので「せっかくだからぼけ防止でFF14をやってみたら?w オレの入っているFCに誘ってやるよ」

 喉の奥まで出かかりましたが、言えませんでした。

 すぐに喘息が出てろくに遊べなかったプロレスごっこ、運動音痴で拗ねてまともに出来なかったキャッチボール(しかも草野球でピッチャーもしていた父の投げるボールはとても痛いのですw)、テニスも当然2秒で諦めたな。エトセトラエトセトラ、子供の頃から父とまともに遊んだ記憶がありません。

 しかしFF14でなら父と対等に遊べるかもな。

 それは強烈な欲望で、現在も心に残っています。

 映画のフィールドオブドリームスではないですが、父親と一緒に遊ぶということは、息子にとっては幾つになっても(まだ若い)何より憧れであるようです。

 マイディーさんが羨ましくてなりません。

 しかし息子にとって父親は最初の友達であると同時に、最初の敵とも言いますから、なかなかねえ、素直な気持ちが出せるはずもありません。

 だいいち、万が一父がFF14を始めたとして「良い年してゲームに夢中になるなんて!!」という母親の激怒が目に見えますので、マイディーさんのご母堂はよほど出来た心根の持ち主だと思いますw

 今年の大みそかには、父の希望で久保田の萬壽を土産に持って帰りました。職業柄、大晦日に仕事じゃないなんて、滅多にない年であります。

 FF14は一緒に出来ませんでしたが、共に酒は飲むことが出来ました。

 相変わらず酒乱で、一万円のお酒を一気飲みしそうな勢いだったので、速攻、冷蔵庫に格納しましたよw

Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 20:58| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

2019年のFF14生活

 学生の頃、自分の名字的に出席番号が14番になることが多かった記憶があります。

 14=人死と語呂合わせ的にあまり縁起のよろしくない数字で、当時の自分は「死の番号なんて上等じゃねえか」などと粋がったものですが、内心はとても嫌でございました。

 しかし、ここ数年FF14というゲームを通してゲーム内では勿論、リアルの世界においてでもこれほど遊ぶ機会に恵まれるとは、14という数字、何かしらの奇縁があったのでございましょうか。

 さて、直前の記事が去年のプライマルズのライブですね。

IMG_0371.jpeg

 ちなみにこの時の大阪のライブがBDの音源になり、歓声や拍手で自分も参加していると思うと何か言い表せない喜びを感じます。ちなみに前列で見ていたので映像でもちらっと入っているのを確認しましたw

 そして今年に入り3月下旬、運よく抽選に当たり、幕張メッセで開催されたファンフェス2019にも、行かせていただきました。

IMG_0403.jpeg

IMG_0417.jpeg

IMG_0405.jpeg

 他県は外国でパスポートが必要(だから行かない)などと嘯いて憚らない自分が、FF14関連でこれほどにアクティブに東京や大阪を行き来することになるとは思いもしませんでした。

 ファンフェスに当選しなかったフレンドとも希望者で前日に夕食をご一緒させていただきまして、皆さんキャラクター通りの素敵な方々で、ピエールの中の人の田舎オタク紳士ぶりが悪目立ちしていなかったか心配です。

 7月にはフレンドのステンドグラスの個展が銀座であり、観に行かせていただきました。

IMG_0496.jpeg

IMG_0501.jpeg

 もはや芸術の域です。

 実際、FF以外の作品で賞に選ばれていらっしゃるそうで、その展示品も鑑賞させていただきました。撮影したすべての写真をアップロードしたいくらい、HQ揃いでした。これだけの域に達する為にはさぞ大変な試行錯誤もあおりになったでしょうが、その苦労は人生を豊かにすると思います。

 ひるがえってピエールの中の人の趣味といえば、ゲームとPCの組立と......あとそれから、おっと惨めになるので、やめておきましょうw

 圧倒的最下層感!(中の人などいない)。

 さらに先だっての10月のFF14オーケストラコンサートにも、先着のチケット争奪戦には負けてしまいましたが、抽選の追加公演のチケットにはまたも当選しまして、横浜パシフィコ国立大ホールにも行かせていただきました。

IMG_0560.jpg

IMG_0540.jpg

 まさか自分がオーケストラを大ホールで聴くことになるとは!

 雑居ビルや地下にあるライブハウス、もしくは知り合いが属している地元吹奏楽団の演奏会で市民会館にしか行ったことがない自分には、場違い感満載でしたが、とりあえずドレスコードは気にしなくて良いという情報を得て安心しました(実際みなさんTシャツなどラフな格好でした)。

IMG_0529.jpeg

 しかし、それでもってんで不肖パンクスの末席に連なるものとして、パンクの正装だってんで、コンサートに向かう直前にギンガムチェックのシャツに、Dr.Martenのブーツを購入していきました(そのことを翌日のオフ会でフレンドにドヤ顔で語って失笑などされていない!)。

 ていうか、U.Kのバンドや日本でもマーシーやヒロトくんが愛用してDr.Marten=パンクスのイメージが定着していると思いますが、やっぱお値段が高いのでね、ロックはファッションじゃねーよと嘯いて現在まで購入を躊躇っていたのですが、ゲームのイベントで購入を決意している時点でパンクス失格という事実に気付け。

 それらのイベントの前後で、光のお父さんのマイディさんたちの来店で有名なめり乃銀座店や秋葉原のエオカフェなど、お食事会にもたくさん参加させて頂きました。

 いつもお忙しい中、企画から予約までしてくださるフレンドへ、最大限に感謝です。

IMG_0508.jpeg

IMG_0493.jpeg

 ちなみに、めり乃銀座店の店長さんは自分と同じくメイン黒魔導士だそうで、上記のオケコンの後は秋葉原店へ異動になったそうです。

 そうそう、地元のソロの活動になりますが、光のお父さんの映画も鑑賞してきました。

IMG_0476.jpeg

 あと、プライマルズ繋がりでベースのイワイエイキチさんの所属されているバンド「チリヌルヲワカ」のライブにも、夏場に行きました。立って聴く音楽も最高じゃよ。ていうか、かつてGOGO!7188が好きで解散以降はちょっと活動を追えていなかったにわかですが、プライマルズを通して「あ、ユウさんて今、チリヌルヲワカというバンドをやっているんだ」と知ったので、ある意味これもFF14が結んだ縁と言えなくもありません。

 音源の購入は無論、ライブにも足を運ぶすっかりフェイバリットなバンドのひとつになりました。

IMG_0479.jpeg

 今年一年のFF14関連の思い出を駆け足で書く記事で、とりとめのない文章となりましたが、まあ自分の忘備録的な感じで残させていただきました。

 ネタはいっぱいあったのでもっと書いておけば、という後悔もありますが、FF14アカ(FF14以外のアカウントなんて持っていないくせにとか仰るものではありません)のツイッターを始めてからは、ブログの長文を書くのがちょっと億劫になってしまってw

@Pierre Eloi14
↑アカウントは上記になります。

 あ、あと任天堂スイッチとフィットボクシングを購入して光のボクサーとしてデビューもしましたね。ツイッターに結果をアップする中でボクサー繋がりの縁も出来まして、その中のお一人とはオケコンで実際にお会いすることが出来ました。

 今年の最後の最後でしたが、どうにか記事を書くことが出来ました。

 ゲーム内外でプレイヤーを楽しませてくださるFF14スタッフの方々、そしてフレンド、FC、LS、全てのFF14のプレイヤーに対して、月並ではございますが、最大限の感謝を捧げたく存じます。

 良いお年をお迎えください。今年一年ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 16:12| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

パッチ4.2直前

 今年に入って最初の記事となります。

 新年、あけましておめでとうざいます。本年があなたにとって良い年になりますよう、心からお祈りさせて頂きますので、そこを動かないでくださいね。聞いて、感じて、考

 本年一発目のSSは、元気よくオロニル族と踊るピエールを貼らせて頂きます。

ffxiv_20180126_224848.jpg

 そんなやんちゃなピエールとは裏腹に、中の人は実は昨年末、ランニングの最中に足首を捻り、骨折をしてしまいまして、自宅療養のまま年越しと新年を迎えるという、散々な行く年来る年で御座いました。

 エオルゼアにインし放題じゃね? なんてポジティブに捉えたいものですが、なかなかそうはいきませんね。

 インする時間が取れないなどと嘆いている時が、やはりちょうど良いのでしょう。

 4.2までに、ギャザクラをカンストさせたり、紅蓮のリベレーターのサブクエストを完遂させるなど、クリアしたい目標がたくさんあったのですが、ほとんど終わっていません。

 皆様におかれましても、健康にはくれぐれもお気を付けください。

 ちなみに現在も骨折の状態が続いており、今シーズンのマラソンの予定は……もうおそらく無理でしょう。それどころか歩くことにもリハビリが必要ですぜ、などと脅されていまして、まったくもってがっかり八兵衛で御座います。

 まあ、新年をエオルゼアで迎えられたのは不幸中の幸い?……とはちょっと違うか、ともかくフレンドと新年を迎えられて、少しは気が晴れたというか、良かったと思います。

ffxiv_20171231_235814.jpg

 リムサロミンサに集まって、インターネットラジオで南条愛乃さんもおっしゃられていた、星芒祭と降神祭のイベントが切り替わる瞬間を見て……みたかったのですが、あけおめシャウトとプレイヤーが多過ぎて、その決定的瞬間は見逃してしまいました(笑)

 上のSSは降神祭の始まる直前のものだと記憶しているのですが、賑やかな集いに既にピエールの姿も隠れてしまっていますね。

 それでは本年も何卒、よろしくお願いします。パッチ4.2も楽しんでいきましょう。

Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 14:52| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

吟遊詩人

 ロックの天才、忌野清志郎は詩と曲が同時に出てくるということを雑誌か何かで読んだ気がするのですがが、不詳ピエールにも先日音楽の神が降りてきました。

 あなたのお名前タイちゃんです/あなたのお名前アイちゃんです/あなたのお名前カイちゃんです/あなたのお名前サイちゃんです♪

 上記の詩が音楽付きで頭に浮かんできまして、まあ詩は、自己紹介の場面を切り取ったものだと思われるのですが、ていうか詩まで優れていたら今頃私はロックスターで、コカインとヘロインを過剰摂取して既に死んでいます。

 特筆すべきはその曲で、まるで飛べない黄色い鳥が踊り出すかのような、疾走するようかのようなメロディで、この曲を引っ提げて私はNCSかボカロ界に殴り込みをかけようかと、まずは音符から勉強しようかと思い立った次第。

 とりあえずはエオルゼアにインしてみて、早速フレンドにこの素晴らしい神曲を伝えたくとも、しかし今までならば叶わないことでしたが、遥か斜め上を行くパッチで出来るようになったんです。

ffxiv_20171225_215658.jpg

 なんと、音楽を自由に奏でることが出来るようになりまして、次のパッチ4.2ではさらにその機能が進化するのだそうで、今から楽しみですね。

「私のお名前たいちゃんです!私のお名前アイちゃんです……♪♪(2番)」などとさらに自作の曲を大声で歌いながらこの胸の歓びを表現していましたら、通りがかりの地縛霊に「なにそのチョコボのテーマの変な替え歌w」と指摘されまして、ぎゃあああ恥ずかしい!!

 天から降りてきたその曲は、チョコボのテーマだったのです。パクりちゃうでサンプリングや。

 ちなみに自分は、横に12個のボタンがあるマウスに音階を割り当てて、ポチポチ押して演奏しています。現段階では戦闘と演奏のホットバーの切り替えが出来ないので、要マクロですが、パッチ4.2ではこの辺も改善されるそうですね。

 アラミゴ国歌は、演奏できるようになりました。

 なんせ楽譜が読めないので、いわゆる耳コピ、音をひとつずつ合わせていって、それをパズルのように繋げていく作法ですが、無能なパンクはだいたいこのやり方じゃね?

 七面倒くさいやりかたですが、音が合った時の快感と言ったらなく、なかなか楽しい作業なのでございますヨ。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 03:36| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

クモキリさん

 最近やたらと肩が凝るってんで、お灸かな? と思ってスマホで夜勤中に調べていたら、お灸よりも、鍼の方が効果があるってぇ記事を発見し、しかし鍼なんて鍼灸師の資格がないと出来ないんでしょう、なんて否とよ、自分で気軽に出来る鍼があるって、それは円皮鍼。

 興味のある方は、こちらのリンクをクリックしてくださるとよろしいかと存じます。

 薬局やアマゾンで普通に買えるので、気軽に出来ますわ。

 早速、自分も薬局で購入し、ツボに鍼を刺してみたんですが、痛くないし、まあ同時に効果も実感できなかったわけなんですが、即ち±ZEROで概ねオッケーということで、よろしくお願いします。

 私の人生は無駄なことのみで構築されております。

 さて、クモキリさんです。

ffxiv_20171103_003923.jpg

 とってもキュートでございましょう。

 ピエールのグラカン小隊の、鱗が多めのアウラ族の隊員なんですが、ゲーム内ではことあるごとに自分はこのクモキリさん推しを続け、だって何にでも全力で取り組むとても素直な良い子なんですよ。

 いや、妄想が暴走している訳じゃないです。

 クラスは剣闘士なんですが、女だてらに敵の攻撃を一身に受けるなんて、責任感が強いというか、出身は東方地域ということで、侍の魂ですかね、本当は大名階級の娘だったりするんでしょうね、やっぱりその口調から育ちの良さが垣間見えるというか、しかし意外とお料理が得意で家庭的というか、でもそそっかしいところもあって、こないだなんか冒険の途中でマンドリンを……おっとここからは内緒でしたクスクスクスクスく

 いや、深く病んでなんかいませんよ?

ffxiv_20171103_010419.jpg

 そんなクモキリさんと、一緒にダンジョンに挑戦できるなんて、胸が熱くなり過ぎて、今年の冬の暖房器具として、私の胸を使うが良い。

 ようやく本日、パッチ4.1分のメインクエストと、ラバナスタをクリアさせて頂きました。

 まだまだ、ギャザクラも戦士もカンストさせていないし、やることは盛りだくさんで、当面、やることがないと嘆くことはなさそうです。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 03:46| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする