2017年12月26日

吟遊詩人

 ロックの天才、忌野清志郎は詩と曲が同時に出てくるということを雑誌か何かで読んだ気がするのですがが、不詳ピエールにも先日音楽の神が降りてきました。

 あなたのお名前タイちゃんです/あなたのお名前アイちゃんです/あなたのお名前カイちゃんです/あなたのお名前サイちゃんです♪

 上記の詩が音楽付きで頭に浮かんできまして、まあ詩は、自己紹介の場面を切り取ったものだと思われるのですが、ていうか詩まで優れていたら今頃私はロックスターで、コカインとヘロインを過剰摂取して既に死んでいます。

 特筆すべきはその曲で、まるで飛べない黄色い鳥が踊り出すかのような、疾走するようかのようなメロディで、この曲を引っ提げて私はNCSかボカロ界に殴り込みをかけようかと、まずは音符から勉強しようかと思い立った次第。

 とりあえずはエオルゼアにインしてみて、早速フレンドにこの素晴らしい神曲を伝えたくとも、しかし今までならば叶わないことでしたが、遥か斜め上を行くパッチで出来るようになったんです。

ffxiv_20171225_215658.jpg

 なんと、音楽を自由に奏でることが出来るようになりまして、次のパッチ4.2ではさらにその機能が進化するのだそうで、今から楽しみですね。

「私のお名前たいちゃんです!私のお名前アイちゃんです……♪♪(2番)」などとさらに自作の曲を大声で歌いながらこの胸の歓びを表現していましたら、通りがかりの地縛霊に「なにそのチョコボのテーマの変な替え歌w」と指摘されまして、ぎゃあああ恥ずかしい!!

 天から降りてきたその曲は、チョコボのテーマだったのです。パクりちゃうでサンプリングや。

 ちなみに自分は、横に12個のボタンがあるマウスに音階を割り当てて、ポチポチ押して演奏しています。現段階では戦闘と演奏のホットバーの切り替えが出来ないので、要マクロですが、パッチ4.2ではこの辺も改善されるそうですね。

 アラミゴ国歌は、演奏できるようになりました。

 なんせ楽譜が読めないので、いわゆる耳コピ、音をひとつずつ合わせていって、それをパズルのように繋げていく作法ですが、無能なパンクはだいたいこのやり方じゃね?

 七面倒くさいやりかたですが、音が合った時の快感と言ったらなく、なかなか楽しい作業なのでございますヨ。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 03:36| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

クモキリさん

 最近やたらと肩が凝るってんで、お灸かな? と思ってスマホで夜勤中に調べていたら、お灸よりも、鍼の方が効果があるってぇ記事を発見し、しかし鍼なんて鍼灸師の資格がないと出来ないんでしょう、なんて否とよ、自分で気軽に出来る鍼があるって、それは円皮鍼。

 興味のある方は、こちらのリンクをクリックしてくださるとよろしいかと存じます。

 薬局やアマゾンで普通に買えるので、気軽に出来ますわ。

 早速、自分も薬局で購入し、ツボに鍼を刺してみたんですが、痛くないし、まあ同時に効果も実感できなかったわけなんですが、即ち±ZEROで概ねオッケーということで、よろしくお願いします。

 私の人生は無駄なことのみで構築されております。

 さて、クモキリさんです。

ffxiv_20171103_003923.jpg

 とってもキュートでございましょう。

 ピエールのグラカン小隊の、鱗が多めのアウラ族の隊員なんですが、ゲーム内ではことあるごとに自分はこのクモキリさん推しを続け、だって何にでも全力で取り組むとても素直な良い子なんですよ。

 いや、妄想が暴走している訳じゃないです。

 クラスは剣闘士なんですが、女だてらに敵の攻撃を一身に受けるなんて、責任感が強いというか、出身は東方地域ということで、侍の魂ですかね、本当は大名階級の娘だったりするんでしょうね、やっぱりその口調から育ちの良さが垣間見えるというか、しかし意外とお料理が得意で家庭的というか、でもそそっかしいところもあって、こないだなんか冒険の途中でマンドリンを……おっとここからは内緒でしたクスクスクスクスく

 いや、深く病んでなんかいませんよ?

ffxiv_20171103_010419.jpg

 そんなクモキリさんと、一緒にダンジョンに挑戦できるなんて、胸が熱くなり過ぎて、今年の冬の暖房器具として、私の胸を使うが良い。

 ようやく本日、パッチ4.1分のメインクエストと、ラバナスタをクリアさせて頂きました。

 まだまだ、ギャザクラも戦士もカンストさせていないし、やることは盛りだくさんで、当面、やることがないと嘆くことはなさそうです。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 03:46| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

冒険者小隊

 禁断症状か就寝中、エオルゼアのNPCたちと俳句の句作に励む夢を見まして、もう自分も末期かなあって思いを強くすると共に、私=ピエールは、自由律俳句で新風を巻き起こそうとしていた記憶があります。

 着流しで俳句に励むアルフィノの姿は、是非とも見せたかったなあ。

 こんなイン時間少なめのピエールですが、次元の狭間オメガ零式一層をクリア出来てしまいました。

……ぶっちゃけ、ハルウララ様のタイマー動画のおかげでございます。

ffxiv_20170930_223838.jpg

 パッチ4.1も迎えて、ハウジングエリア「クガネ」やらHUD機能の追加やら極神龍やら、自分的には神パッチなのですが、なかでも気に入りなのが、冒険者小隊と一緒にダンジョンに挑めるようになったことでしょうか。

 思ったよりも、AIが優れており、一人遊びが好きな自分は早速、楽しまさせて頂いております。

ffxiv_20171017_022422.jpg

 しかも、隊員の装備のミラプリが出来るといった優れものですのよ、奥さま。

 FCのオルテガさんの、黒渦団の制服でミラプリするというナイスな案をもろパクリで、ロミサン装備で隊員の装備をミラプリしようと計画中です。

 さらに、ラバナスタにギャザクラのレベル上げ等々、手を付けていないことが盛りだくさんで、1日28時間イン出来る環境が欲しいですね。

 ゲームは1日48時間まで! ピエールとの約束だぞ?

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 15:52| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

ネロさンは格が違ったンだ

 未だ日中の残暑は厳しいですが、朝夕はだいぶ涼しくなってきましたね。あれだけ騒がしかった蝉の声も懐かしく感じられるほど、秋の気配が忍び寄ってきたように思われます。皆さまにおかれましては、お風邪など召されないよう、くれぐれもご自愛ください。

 自分は最近、夜勤と午後から勤務の遅番業務が増えてきまして、いきおい自宅にいる時間帯が一般のお勤めの方とは違うことが多いせいか、騒音の苦情が不動産屋経由でポストに入っておりまして、ややテンション低めの日々です。

 いうても、自宅にいる時は独りヘッドホンでゲームや動画、エレクトロ音楽を観賞するばかりなので騒音とは縁遠い自宅警備員な自分ですが、洗濯やお風呂、食事を作る音がきっとうるさかったのかなと、猛省するばかりでございます。

 まあ、気の滅入る仮想空間の話はここまでにしておいて、リアルの話です。

 オメガ・ノーマルのクリア(PT募集に参加してくださったプレイヤー、手伝ってくれたフレンドに感謝)や、風脈をクリアしてパッチ4.0のエリアを全て飛べるようになったりと、それなりに充実したエオルゼア生活を送っております。

ffxiv_20170918_012047.jpg

 上のSSは、風脈探しに東奔西走するピエールの画像ですが、風景が綺麗過ぎですね、しかしギラバニア湖畔地帯の風脈が本当、いやらしい位置にありまくりで、苦労させられました。

 でもピエールさンは「そういうのお好きなんでしょう?」つって、そんなことないッ!! びくンびくンびくン。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 14:55| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

3体目のリテイナー

 黒魔導士のDPS向上の為には、クリティカルや詠唱速度よりもまず、下半身だと思うんですよね。

 というわけで始めたランニングですが、趣味というよりも続けているうちに「走らないとコラプスも撃つことが出来なくなる」という強迫観念に駆られ始め、FF14と共に続けている生活習慣なのです。

 今年度は、11月の大井川マラソンでスタートして、3月の板橋Cityマラソンで〆る。そしてエオカフェで喰い倒れる。

 という青写真を描いております。

 黒魔導士のコスプレして走るから、みんな応援よろしくな(嘘です。

ffxiv_20170726_020224.jpg

 さて、パッチ4.0でさらに装備やアイテムが増えたので、リテイナーを1体購入してみました。

 紅蓮のリベレーターの主役とも言えるアウラ・ゼラの男性キャラを作成してみましたが、コンセプトは「ゼラっぽくないアウラ・ゼラ」。

 自分ではなかなかの出来だと思うのですが、いかがでしょうか。キャラクリ大好き紳士でございます。それが高じてFF11のメインジョブは、きゃらくり士(からくり士)。なんつって。ぶたないでください、びくんびくん。

 性格は冷徹で「我が狩りの犠牲者、今宵の生贄云々」などと台詞を言いますが、園芸師です。

 脳内設定ではピエールもいちおう農村出身なので、いかつい見かけの二人が「真夏の草取りとか辛いよね」なんつう会話をかわしているんじゃないかと想像すると、なんだか微笑ましくなりますね。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 02:31| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする