2017年06月11日

ニーアのサントラ

 仮想空間の方で、相談した方に「労働基準局に訴えなさい」と言われるほど、5年以上勤務していた法人から不当な労働条件を飲まされておったのですが、かつての同僚の先輩方から「だったら私の現在働いている施設にきなさい」と誘われまして、先月、まともな待遇で雇ってくださる法人へと、無事転職を果たすことが出来ました。

 同僚の先輩方は、いわゆるガチな人たちで、そのような方々からお誘い頂けるとは大変嬉しく、腐らず、真面目に仕事をしていて良かったと心から思うのです。

 見ていてくれる奴はぜってーいるから、なんて厨二なミュージシャンが好んで使いそうなフレーズですが、あながち綺麗ごととは限らないのかもしれませんね。

 一方、リアルのエオルゼアの方では「固定の人が抜けたからピエールさん来てくださいよ」なんて、ガチなプレイヤーから一向に声をかけられる気配もなく、仮想空間にかまけて大事なリアルをないがしろにするとは、本当に情けなく、ただ滂沱の血の涙を流すばかりでございます。

「見てくれている奴はぜってーいるから!!」と(信じる心が大事)、ルーレットなどを廻る日々です。

 極タイタンくらいだったら木人だって討滅出来るんだからな!!!!

IMG_0211.JPG

 それはそうと、スクエニの物販でニーアレプリカント/ゲシュタルトのサントラのCDを買ってしまいました。

 今年発売されたニーア・オートマタの前作ですが、本編も名作なら、音楽も珠玉のものばかりで、今まで何故、サントラCD買っていなかったのか、自分を激しく問い詰めたいレベルの宝物でございますよ。

 早速、iPhoneにダウンロードしてイヤホンで聞きながら河原をジョギングしたのですが、気持ちがもの凄くあがり、特にエミール〜業苦〜がかかると精神が震えあがり、スピードも二倍増しになりますね。

 ただ、哀しい表情になってしまうのが珠に傷です。

 とは言い条、ここまでニーア・レプリカント/ゲシュタルトを持ち上げておいてなんですが、自分はニーアを一度もプレイしたことがないのです。

 おしとやか(笑)のゲーム実況者Mabataki様の実況を見させて頂いて、号泣するMbataki様に釣られて余計感動的なゲームとなりました。

 自分史上、1.2を争う名作だと思っています。

 プレイしたことはありませんが......

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 21:46| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。