2017年01月01日

ファンフェスティバル2016と新年のご挨拶

 みなさま、明けましてA Happy new いやーン。

 本年もひとつ、アイドル紳士ことピエール・エロワをよろしくお願い致します。

 Happyと言えば私め、昨年ひとつの誓いをたてまして、それは言霊によるパワーと言いますか、どんなに辛いことがあっても幸せなワード「Happy」と言い続けようと、そんな健気なプロミスリングで御座いました。

 しかし、充実した生活が約束されたエオルゼアlifeとは裏腹に、世を忍ぶ仮のピエールに明るいニュースは一切なく、それでもHappy、Happyと言い続けておりました結果「このHappyったれ!!(呪詛)」「Son of a Happy!!(嘲弄)」「Happy you!!(罵倒)」「てめぇHappyにしてやろうか!!(恫喝)!!」「そんなHappyなぁぁぁぁぁぁ!!(絶望)」などとHappyという単語が私の中で独自の進化を遂げまして、もはやHappyの素の意味が分からなくなっている今日この頃です。

 以上をもって年始の挨拶とさせて頂きます。よきにはからえ。

019.JPG

 さて昨年の話になってしまうのですが、以前の記事にも書きました通り、クリスマスにファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル2016 TOKYOへ参加しに、東京ビッグサイトに行って参りました。

 一緒に参加して頂いたフレの助言に従い、開園約2時間前に並んだのですが、はや上の人だかりで驚きました。

 しかし並んでいる間に、やはりそこは同好の士でしょうか、周囲で自然発生的に会話がなされてゆき、とても雰囲気が良かったです。紳士淑女の社交場といった風情です。実際、電子チケットの出し方が分からない、ロッカーの開け方が分からない、などと困った時には後ろから見知らぬダンディーが必ず優しい助言をくださいまして、私めがうら若きガールならそこで恋が芽生えたのでしょうが、いかんせん紳士なので、何もありませんでした。

023.JPG

 会場に備え付けられた黒板に、FCの名前を書き殴ってみたり。これ、やってみたかったんです。

 その他にもお見せしたい写真は無数にあるのですが、プライバシーに関わることなので断念しなくてはならないのは本当に残念なことで、フレのクラフター作品など本当に素晴らしい出来栄えだったと、それだけご報告させて頂きます。

064.JPG

 ファンフェスティバルの締めくくりはThe Primalsのライブで、やれニーソ、やれ吉田など、叫ぶのが楽しくて仕方がありませんでした。

 デスメタルマニアな某世を忍ぶ仮のヴィルさんなどは、音圧が足りないと不満をおっしゃるかもしれませんが、ファミリーもいましたので、ちょうど良い感じだったのではないでしょうか。普段、音楽は正座をして拝聴賜る貴族階級の私めも、著しく興奮してしまい、攻撃を加えられた蚯蚓のようにのたうちまわっておりました。前にいた女の子が、終演後に「後ろの人ー;;」と隣の彼氏さんに恐怖を訴えており、かたじけない気持ちでいっぱいです。

 ライブ中、物販で売っていた光る棒を音楽に合わせて振るのが楽しそうでしたので、買っておけば良かったとやや後悔しました。次の機会には是非、購入しておきたいものです。公式のローカスの動画も貼っておきます。跳ねるの不可避。

 フレのおかげでエオルゼア・カフェにも行けまして、とても楽しかった2日間でした。スタッフの方々、フレ、ならびに全ての光の戦士たちに感謝を捧げたいと思います。

 ありがとうございました。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 12:29| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。