2016年12月11日

アイテムレベル260

 ここのところめっきりと風が冷たくなって、冬の訪れをひしひしと感ぜられるようになりました。風邪などお召しにならぬよう、ご自愛ください。

 ところで「ご自愛」という言葉に禁忌のイメージを抱いてしまうのは、私だけでしょうか。

 まずは恒例のご報告と言いますか、例の武器をレベルアップさせるコンテンツですが、とりあえず完成致しました。

ffxiv_20161205_181138.jpg

 怪しげな祭器のようなデザインで、とても気に入りなので御座います。

 今回一番大変だったのは、クリスタルサンド集めでしょうか。

 詩学と軍票を貯めて交換していたのですが、これがなかなかままならず、しかし先だって、極蛮神のアイテムらしき何かが競売で売られており(しかもそんなに高くない)、それをクリスタルサンドに交換出来ると気が付いたのです。

 そこからはマッハでした。

 さらに私のような一級廃人は情報収集も巧みですから、既に次のレベルアップに必要なアイテムを揃えてあります。

ffxiv_20161208_221857.jpg

 ブラックハーンロッド・シャープというのだそうです。恒例の光と輝きです。一気にアイテムレベルが260の武器になりました。

 早速、この武器を担いでヴィル組の極女神ソフィア討滅戦に行ってきました。

 先週までは召喚士で行っていたのですが、やはりメインの黒魔導士だと動きが十倍増しにシャープになりますね、武器もシャープですしね、とか言ってみましたが、ほぼエノキアンを切らしていたことは内緒なんですよ。

 DPSが相当ひどいことになっていたことは、確定的に明らかだったと存じます。

 リザレクで蘇生できる分、召喚士だった方がパーティーの役に立ったんじゃねーの? なんていうクレームは受け付けません。

ffxiv_20161210_214532.jpg

 まあ、情けのない私はさておき、他のPTメンバーの活躍で見事、討滅に成功し、記念撮影も行いました。

 気心の知れたメンバーで行くコンテンツは、やはり楽しいですね。ヴィルヘルムさん、ならびに他のメンバーに感謝と尊敬を。また来年もよろしくお願いします。 

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 21:35| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。