2016年12月11日

アイテムレベル260

 ここのところめっきりと風が冷たくなって、冬の訪れをひしひしと感ぜられるようになりました。風邪などお召しにならぬよう、ご自愛ください。

 ところで「ご自愛」という言葉に禁忌のイメージを抱いてしまうのは、私だけでしょうか。

 まずは恒例のご報告と言いますか、例の武器をレベルアップさせるコンテンツですが、とりあえず完成致しました。

ffxiv_20161205_181138.jpg

 怪しげな祭器のようなデザインで、とても気に入りなので御座います。

 今回一番大変だったのは、クリスタルサンド集めでしょうか。

 詩学と軍票を貯めて交換していたのですが、これがなかなかままならず、しかし先だって、極蛮神のアイテムらしき何かが競売で売られており(しかもそんなに高くない)、それをクリスタルサンドに交換出来ると気が付いたのです。

 そこからはマッハでした。

 さらに私のような一級廃人は情報収集も巧みですから、既に次のレベルアップに必要なアイテムを揃えてあります。

ffxiv_20161208_221857.jpg

 ブラックハーンロッド・シャープというのだそうです。恒例の光と輝きです。一気にアイテムレベルが260の武器になりました。

 早速、この武器を担いでヴィル組の極女神ソフィア討滅戦に行ってきました。

 先週までは召喚士で行っていたのですが、やはりメインの黒魔導士だと動きが十倍増しにシャープになりますね、武器もシャープですしね、とか言ってみましたが、ほぼエノキアンを切らしていたことは内緒なんですよ。

 DPSが相当ひどいことになっていたことは、確定的に明らかだったと存じます。

 リザレクで蘇生できる分、召喚士だった方がパーティーの役に立ったんじゃねーの? なんていうクレームは受け付けません。

ffxiv_20161210_214532.jpg

 まあ、情けのない私はさておき、他のPTメンバーの活躍で見事、討滅に成功し、記念撮影も行いました。

 気心の知れたメンバーで行くコンテンツは、やはり楽しいですね。ヴィルヘルムさん、ならびに他のメンバーに感謝と尊敬を。また来年もよろしくお願いします。 

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 21:35| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

蒼天サントラとオルシュファン

 現在、プロバイダ契約している某〇CN……を名乗るおそらく代理店なのだと思われるのですが、某〇CN光コラボレーションへの移行の勧誘の電話がしつこいだけならまだしも、こちらからの質問もあやふやなまま、転用番号をネットより検索させられ、いわゆる成りすまし詐欺まがいなことをされかけましたので、ちょうど二年の契約も終わることですし、某〇CNとの契約は解除することにします。

 某〇CNは直接関与していないとはいえ、だとしたら個人情報ダダ漏れということだし、電話番号から検索してみたら一応正規の代理店みたいだし(着信拒否にしました。

 総務省からの注意喚起の通り、勧誘の手口がまさにこれでした。

 まあ、非リアルな話はこの辺にしておきましょう(営業妨害で怒られたらこわいですしね)。ちなみに某〇CNはプロバイダとしては、私は静岡県でも比較的主要都市に住んでいますが、FF14のプレイ中においては特に回線も途切れることなく、大手らしい安定感で優秀だったと思います。それだけに余計に残念ですね。

ffxiv_20161204_211138.jpg

 さて先週、FF14サントラ蒼天のイシュガルドのブルーレイ・ディスクを購入しまして、自分のパソコンのドライブはブルーレイではありませんので、今まで購入をためらっていたのですが「PS3は最高のブルーレイ再生機である」ということを祖堅さんがお話されているのをどこかで見て、PS3は持っているので購入に踏み切った次第で御座います。

 パソコンとスマートホンにもMP3化して曲を入れ、特典としてついてくるミニオンも無事、モグステーションから入手しました。上のSSです。FF4のギルバート、だそうです。すまない、よく覚えていない。ミニオンとして連れて歩いていても、あまり目立たない謙虚な吟遊詩人です。9枚でいい。

 大変高音質で良曲揃いですし、ホームネットワーク経由で行うMP3ダウンロードも思っていたより簡単で、他のサントラも買いたくなってしまいますね。

 もう正直聞き狂っていて、只今とてサントラの音源を聞く片手間としてこのブログを書いているようなものです。

ffxiv_20161204_230450.jpg

 フレのヘルさんのアパルトメントのお部屋に、グレイストーンさんの祭壇があったので、その荘厳さに思わずSSを取らざるを得ませんでした。

 サントラを聞いていても知らずその顔が浮かんでくるような、オルシュファン・グレイストーンは蒼天のイシュガルドの主役と言っても過言ではないかと思われます。ファミリーネームまで変わってしまったプレイヤーも、身内におります。PLLで田中理恵さんも「オルシュファンの為にお祈りのモーションが欲しい」的な発言をされていましたね。

 ただ、女性キャラクターか男性キャラクターかで、多少、思い入れの質が違うのかなあ、とも考えます。

 というのも、男性キャラクターのピエール的には、何故同性愛匂のするオルシュファンが、あそこまで女性受けするのか、不思議でならなかったからです。

 逆に言えば、女性キャラであれば見方が反転するということに思い至らない自分の方が或る意味、思い入れが強いのかもしれませんね。お前そんな、美化されるようなハンサムキャラじゃないだろう、と。

 そのうち「それはイィゾンビの振る舞いではありませんね」とか言いながら、いつのまにか復活していることを信じてやみませんので、戻りにくくなってしまうから、黙祷を捧げるようなことはしないのです。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 15:02| Comment(0) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

CPUも変えました

 前回の記事で「GPUを変えました」というお話をさせて頂いて、自分自身、なんという歓びに満ち溢れている回だよなあ、と恥じ入ることしきりで、そんな自慢たらしいことを記事にするなんてなんて厭らしい男の娘なんでしょうこの子は、ああ、お母さまお許しください、そんなに激しくお叱りに預かるとピエールは、ああ、もう別生物になってしまいます。

ffxiv_20161129_231809.jpg

 ようやく初期蛮族クエストのドレイクを購入したのです。

 そんなことはさておき、前回の「GPUを変えました」が見事にフラグとなり、その直後、パソコンがBIOSすら認識しない状態になりまして、FF14にイン出来ない日々が続いていました。

 FF14が私の生活そのものですので、その苦しさはもう言い表せないほどです。

 しばらく疎遠になっている友へ無沙汰の詫びの手紙を書く、定刻よりも30分早く職場に到着する、同僚に爽やかな笑顔で挨拶をする、さらに残業して帰る、休日には気分転換の為に軽井沢へ小旅行に出かける、などの精神を病んだかのような奇妙な行動に加え、1日3食しか食べられないほどの食欲不振、夜も12時間しか眠れない不眠状態に陥り、心身共にストレスフルな状態になっていました。

 依存症? いいえ、FF14が現実のピエールにとって、断じて依存などではありません。これは監禁です。拘束です。束縛です。やんぬるかな、私の未来は闇に染まってしまうのか? 否、断じて、否である。

 Drop the leash, we are young!!Drop the leash, we are young!!

 自由を獲得するために不詳ピエール、比較的機敏な亀、或いは疾走するカタツムリの如く、迅速に動きました。そのさまはまるで、リキャスト待ちの迅速魔のようでしたよ。メイン黒魔導士の、面目躍如といったところでしょうか。

 おそらくマザーボードの故障と断定出来た訳なのですが、色々調べたら規格の絡みで新しいマザーボードを買うとSkylake世代のCPUも買わねばならないということが分かりまして(DDR4のメモリーも)、もうそうなったらパソコンを一式新しく組み立てるということですよね。

 清水の舞台から飛び降りるつもりで、懐から大出血を伴いながらも、実際にケースの側板で指を切って大出血をしながらも、自作第弐号機のパソコンを組み立ててみました。

CPU/i7-6700
mather/MSI H170 GAMING M3
Case/Fractal Design Define R5 FD-CA-DEF-R5
GPU/MSI GeForce GTX 1060 GAMING X 6G
memory/Crucial W4U2400CM-8G [DDR4 PC4-19200 8GB 2枚組]
CPU cooler/Scythe 虎徹 SCKTT-1000

IMG_0109.JPG

 購入したのは上記のパーツで、あとは元のパソコンからの流用で御座います。我ながらわりかし綺麗に配線まで出来たので、自慢の為にわざわざ写真までアップして、なんという浅ましい人間なのでしょうか。いや、詳しい人が見たら噴飯するので、この辺にしておきましょう。特にうちの父親とか。自作でもう、パソコンを10台くらい組み立てている変態です。

 CPUを変えましたがベンチは予想外に伸びず、50ほど上がった程度でした。

 ちなみにCPUは、地元PCショップがセールをしていたのでi7を買いましたが、店員さんが言うにはFF14程度ならばi5で問題ないとのことでしたよ。i5がクラフターが片手で作業しているとするなら、i7は両手で作業している感じだと、FF14で遊んでいるという自分に、店員さんが分かり易い例えで説明してくれました(じゃあi3は利き手じゃない方で作業しているということ?)。

IMG_0112.JPG

 今のところは特に不具合もなく、無事、エオルゼアに戻ってくることが出来ました。

 ところで本日は休日で、のんびりとこのブログの記事を書いている訳なのですが、その最中、フレンドからファンフェス初日にエオルゼア・カフェの予約が取れたとメールが入りまして、嬉しさがマッハなので御座います。

 わざわざ仕事の最中にローソンまで行って予約戦線に体を張ってくださったということで、その感謝と感激は言い表すことが出来ません。ありがとうございました。ファンフェス当日と言えば、クリスマス・イブですから、大激戦なわけですよ。もう、恋心待ったなしですね。

 併せて、アマゾンで注文していたFF14HeavensWardのサントラが、明後日の12/3日が配達予定日のはずが、さきほどポストに投函されまして、本日は歓びが2倍です。

 忙しい師走の一日ですが、少し早いクリスマス・プレゼントを貰ったような気分でした。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 17:01| Comment(0) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする