2015年04月06日

希望の灯火

 4月を迎え、新年度も始まり、新しい生活を迎える方も多いのではないでしょうか、貴方の歩む道に幸あらんことを。

 それが例えどんなに辛く困難な道であろうとも、その先に、希望の灯火はきっとあります。

 という訳で、パッチ2.55で実装された「希望の灯火PartU」のメインクエストをクリア致しました。我ながら綺麗な出だしだったと思います。心にもないことを言いやがって、なんていうクレームは受け付けません。

 希望の灯火PartUの物語は、先にクリアされた方の評判が高かったので期待していたのですが、成程、個々で好き嫌いはあるでしょうが、インパクトのあるものには違いありません。

 運営が、パッチ前からフォーラムでネタバレの予防線を張るなどしていたのも、頷けるというものです。

 当ブログでも、ネタバレは避けたいと思います。ただ一点。希望の灯火をクリアした方に意見を伺いたい。

ffxiv_20150402_125443 (800x540).jpg

 このタタルさんの笑顔を……下衆顔と取るや否か。

 お使いの連続、だるい、面倒くさいなど、散々だったメインクエストですが、一転、続きが待ち遠しくなってきました。拡張版が楽しみですね。

ffxiv_20150402_125437 (800x539).jpg

 一方、紳士は一転の曇りもない爽やかな微笑です。頭をバンダナに変えてみました。メインクエストのムービー時に格好良く映りたかったからです。ただ物語の後半で、某NPCとお揃いになってしまい、やや萎えたのは秘密です。

 さて、前回の記事で侵攻編4層クリアしたことをお伝えしたバハ活動ですが、あれから2回ほどクリアしまして、だから俺はFFのプロだと言っているだろう、どうということはない。いずれも、自分にカータが来ないというラッキークリアでした。うくく。パッチ2.55で期待したギミック緩和が結局、ありませんでした。

 真成編1層もクリアさせて頂きました。

 これも、自分が青線-青玉という厄介なギミック担当から外されたことが、やはり一番の勝因かと存じます。

 いちいちギミックを受けてしまう自分は、本当に佐竹義宜並の律儀ものよなあ、などと独り言ち、真成編2層以降は超える力の導入が、ひとえに希望の灯火なので御座います。

Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 18:06| Comment(4) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする