2014年11月30日

リアル引っ越し

 リアルで引っ越しを予定しているのですが、何とかお部屋も決まり、引っ越しの段取りを色々行っているところです。

 この引っ越しを機に、家具や家電を新しいものに買い替えよう、などと該当の商品をネットで調べたりしていて、インしない日が、何日か続きました。

 病気説、ネット環境滅亡説、などがFC内で流れていたようで、大変、御心配をおかけしました。ピエールは元気です。その様はまるで、45口径のマグナム銃で撃たれた時のゾンビのような、躍動感に満ち溢れています。

 しかし、インしない日が続くと心配してくれる仲間がいるというのは、大変有難いことですね。

 年末までは、引っ越しの関係でバタバタしてイン出来ないことも多くなりましょうが、合間を縫ってちまちま頑張ろうと思います。

 そういえば、今年は何年ぶりかにお正月休みが取れそうです。そのぶんお給料が……。うれしいけどしんどい。うれしんどい。FF14が捗るように、しっかり準備を整えておかねばな!

 みたいな感じで明日からはいよいよ師走であります。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 21:23| Comment(0) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

14部

 同僚から聞いた話ですが、最近寝不足だってんで、いかがしたのかと尋ねたところ、原因は高校生の娘さんの部活動とのこと。

 なんでも朝は4時起きで学校に行き、そんで夜は帰りが22時だということで、お前どんだけ部活が好きやねん。なんてエセ関西弁で喋るほど、ボクはショックを受けているということだ。私なぞは「誰よりも一番遅く出勤して誰よりも早く帰ること」を昔から矜持としているのです。全く、信じられません。

 アンビリーバボウ!!(4回言う)。金メダルでも取るつもりか。

 しかしそれだけ打ち込めるものがあるということは、或いは幸せなことなのかもしれませんね(棒

 自分もそういう熱中出来るものがあれば、もっと充実した人生を送れていたのでしょうか。FF14か。

 FF14部。

 もしFF14部があったら、ボクも朝はそれこそ4時起きで、夜は10時と言わず、深夜3時まで頑張れていることでしょう。それって只の廃人じゃーん……とか否。そこは部活だから真剣勝負なんだぜ?

 例えば極タコでグダろうものならば、落ちた奴全員反省文どころじゃ済まねえ。丸刈りで謝罪に来るまで許さねえ。そんなんでお前らはヴァハに行くつもりだったのかと。現在最難度のコンテンツなめんじゃねえと。小24時間問い詰められます。場合によっては暴力も伴うかもしれません。

「FFは遊びじゃねえ!!」今日もFF監督の罵声が部室に響き渡ります。

 なんて仕事中、FF14部について空想を巡らせていました。もうじき寒い冬が来ます。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 19:10| Comment(0) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

FFのプロ

「ピエールにとってFF14とは何ぞ?」

 という哲学的命題をフレに問われたことがあります。

 私は迷わずこう答えました。

「FFは遊びじゃねえ」

 つまり自分はFFのプロなのです。俺の場合は。僕の場合は。おい三下奴、朕と同じレベルでFFを語るでない。ラベルが違うのだよ、ラベルが!

 とまあ、このくらいプロフェッショナルになると、現実と仮想現実が逆転してしまい、現実がFF14、仮想現実が実生活となる訳ですね。

 ところで現実とは苦しいものです。現実とは常に逃げ出したいものなのであり、その避難場所として仮想空間がある訳です。

 即ち、FF14が現実となってしまった自分ですので、パソコンの前に座ってもFF14を起動させるのが憂鬱になってしまい、いきおいイン率が低下しているのは、そういう訳なのです。

 プロフェッショナルであるが故の高尚な悩みですね。

 という訳でSSが撮れていない、そしてブログのネタもないのは、実に困ったものです。

 片や仮想空間の方ですが、以前にも書いたジョギングの習慣をこつこつ続けていまして、ようよう3Kmくらいは走れるまでになりました。そして、現状よりもちょっと良い物件に引っ越しをしようと一念奮起し、お部屋探しに熱中しています。今はネットで色々調べられるからね。特定の区画の物件に関しては、下手な不動産屋よりオレの方が詳しいんじゃないかな。

 現実逃避もたいがいにせえ。なんつって。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 14:05| Comment(0) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

俺の夢

 世紀の大泥棒がいまして、鼠小僧よろしく悪人の大金持ちから財産を奪うのですな。で、その盗んだ金を元手に、さらに悪徳企業家を詐欺にかけるという大芝居をうつのです。

 その詐欺の大芝居に際して、大泥棒は闇カジノのディーラーに話をもちかけまして、この闇カジノのディーラーというのがまたカッコイイ。ヤクザがイカサマを働いた時は豹変するのですが、普段は穏やかでイケメンなヤング紳士なのであります。

 オレはこの一味。

 まがりなりにも、こんな壮大な厨二計画を画策する一党の一味であるからして、それなりにイケてるガイである筈なのですが、否、ネトゲのやり過ぎによる睡眠不足で仕事を無断欠勤してしまい、職場からの叱責の電話にビクビクしているという、なんとも間の抜けた男で御座います。

……という夢を見ました。

 どこかで見た三文芝居と、仕事に行きたくないという私の願望が、夢の中で程よくブレンドされてしまったようです。

ffxiv_20141110_001415.jpg

 今回はPちゃんのファッションショーをお楽しみ頂きましょうか。

ffxiv_20141102_192213 (800x540).jpg

 夕焼けを背にドヤ顔のGold戦士&下駄ばきの忍者ならぬ双剣士です。

 ヒッピー的長髪が近接職だと似合うかも、カッコイイかも、とFCの女子から棒読み気味に言われたので、近接頑張ろうかなって思ったオレって、かわいくね?

 でも近接職って難しいから、メインジョブは黒のままです。

 自分は新IDのクリア済であるに拘らず、初見の人の方が的確にギミックを見抜いて「ピエールはネタバレしないように黙っていてくれたんだね、ありがとう」と感謝され、しかし実際は本当にギミックを知らなかっただけの私です。範囲をぶっ放しているだけで、自分はクリアしていたんですね。そんなKsに優しい黒魔導士に自分はLoveです。

 FFがうまくなりたーい!!などと叫びながら激しく地団駄を踏んでいる、そんな心境の今日この頃で御座います。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 16:02| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

ハンサム度アップ

 パソコンを操作する時に床にじか座りなので、お尻が痛くなります。ってんで座椅子を購入したのですが、奮発して良いものを選んだら、座面の高さがあって、キーボードへの入力が若干やりにくくなりました。痛し痒し、というところでしょうか。

 まこと人生はままならぬわ。

ffxiv_20141030_001417 (800x540).jpg

 エレゼンの新しい髪型が追加されたので、チャレンジしてみました。額のヘアバンドがまるでヒッピーのようだろ?

「風に揺らめく後ろ髪がむかつく」「短い髪の方がましだった」など、女性キャラプレイヤーから概ね好評なご意見を頂いております。嫁の希望者が増えたらどうしよう。ハンサムの苦悩は海よりも深いということを覚えておきなさい。

 パッチ2.4ですが、メインクエストと事件屋のクエストを終わらせました。

 メインクエストの方は、相変わらずNPCの間で勝手に話がまとまってストーリーが進み、プレイヤーは只のお使い感が拭えません。即ち、萌えるものがないということです。今までもそうだったじゃないか何を今更……と思われるでしょうが、果たしてそうでしょうか。

 思い返してみると、かつてミンフィリアたち砂の家のメンバーが誘拐されたシーンは、ちょっと熱くなりませんでしたか?

 ということから、今後はパッチごと、ミンフィリアをさらわれるキャラにしては、いかがでしょうか。

ffxiv_20141020_220202 (800x539).jpg

 開発のアルフィノ推しでやや影も薄くなってきた感を拭えず、しかし私の案ならば、帝国にさらわれ、蛮族にさらわれ、ドマの民にさらわれ、局長にさわられ、これなら八面六臂の大活躍が期待出来そうです。

ffxiv_20141030_011113 (800x539).jpg

 タタルさんのジャグリングが、今回のメインクエストで唯一、興味を魅かれた点でした。

 不詳リアルのピエールは、初歩的なジャグリングの心得があるので、タタルさんのジャグリングは、見た目以上に高度なことをやっているのが分かります。ドヤ顔。そういえば今連休中、静岡で大道芸ワールドカップが開催されています。自分も先年、見に行きましたが、演る見る側との一体感が醸成されていて、とても良いものでしたぞ。

 事件屋は、今回はオルトロスのキャラが立ち過ぎていたせいか、自分的にはいまいちでした。最後のオルトロス戦を床に転がったままクリアしましたので余計、そう思うのかもしれません。うくく。

 放置プレイ/悔しいけれど/感じちゃう〜詠み人ピエール

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 10:58| Comment(2) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする