2014年07月26日

1週年

 じっとしていても汗が出る、そんな季節がやって参りました。

 我がEloi家では「クーラーをつけるのは夜から」という不文律があるのですが、さすがに日中から恩恵に預かってしまいます。

 パソコンも熱暴走しちゃいますしね。

 さて先日のパッチ2.3以降、日課ノルマに新たにデイリーモブやアレキサンドリア集めが加わり、おかげさまでFF14内でも、毎日忙しく過ごしています。要するに、バハムート侵攻編などの難易度の高いコンテンツを攻略せずとも毎日こつこつやれば高性能のアイテムが入手出来るよって作業を欲望の赴くまま、浅ましく繰り返している訳ですね。これが私の人生だ。

 完成まであと3ヶ月か……なんて溜息をつきながら、FF14楽しいよと白目で答える訳ですが、作業に埋没し、ブログに特筆すべきことがないのが正直なところです。

ffxiv_20140712_171940 (800x540).jpg

 かといって、ブログのことを完全に忘れた訳ではなく、例えばコスタ・デル・ソルのゲゲルジュの素敵な台詞をSSに収めてあったりしますが、さて何のクエストだったか、肝心なところを失念していたりします。

「ならば無理に更新せずとも良い」という御指摘には否、自分は、毎月最低5回はブログをアップするという謎のノルマを己に課している訳なので御座います。

 するとノルマということに自分は、何やら執着を持っているようです。心の闇的な何かでしょうか。ていうか人間の心は闇ばかリな気がします。深海に生きる魚族のように、自らが燃えなければ何処にも光はない。とは詩人・明石海人氏の言葉であり、自分の座右の銘なのであります。

 ところで自分が、当ブログを開設したのが去年の8月ということで、ちょうど1年が経ちます。

 読み返してみると、本当に拙い文章ばかりで顔から火が出る思いですが、一方で感慨深いものがあります。

 皆さまの温かいコメントがあって、稚拙なブログでありながらも、ここまで継続出来たのだと思います。誠にありがとうございます。今後とも、ゲーム内のピエールともども、よろしくお願い致します。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved
posted by ピエール at 15:48| Comment(2) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

想像の翼

 想像の翼を広げることは、この辛く悲しみに溢れた現実社会を生き抜く為、とても大切なことだと思います。

 文字というものは単に記号でしかないですが、しかし、想像の世界への誘いには有効なツールでもあるのです。例えば、ミコッテに「ごめんニャさい」なんてチャットで言われた日には、僕なんか、もう辛抱たまりません。想像の翼で大空を羽ばたきまくりです。その様はまるで、風の谷の風使いのようです。

 そこへいきますとボイスチャットでは、こうはいきません。それはワカメちゃんのミニスカートです。見えてしまっては、そこにあるのは悲しいくらいに現実だけなのです。

 無論、異論があるのは認めます。直截的な伝達手段の方が、利便においては遙かに勝っているのは事実です。この情報社会において、何をちょこざいなことをぬかしておるのか。愚か者めが。あゝでもやっぱり僕は、行間から滲み出る芳香に淡い夢を垣間見る、そう詩人でありたいのです。

 自分は少々ロマンティストが過ぎるのでしょうか……。

ffxiv_20140712_171549 (800x539).jpg

 でも困ったちゃんなのが、表情や声の抑揚が伴わない文字のみでのやりとりは、思わぬ軋轢を生みます。感情までは伝えきれないからです。例えば「ごめんなさい」という言葉ひとつとっても、それが真の謝罪であるのか、嫌みであるのか、甚だしい場合によっては敵意なのかもしれません。

 そこで産み出されたのが、顔文字や(笑)といった語尾につける感情表現です。

 この語尾の感情表現というものについて、今回は自分なりに検証してみましょう。

1.「私は変態です」
2.「私は変態です(*´Д`*)」
3.「私は変態ですw」

 1.に関しまして、これはひたすらに自分は変態であると、切実な思いが感じられます。ひたむきに、あるがままに変態なのです。とても真面目な人柄が感じられ、健全な変態交友が期待出来ますね。好印象です。

 2.については、顔文字にて変態さをより強調させています。しかし、そのトーンの中にどこか変態であることのへの羞恥が感じられます。ツンデレということですね。明るい変態ライフが築けそうです。

 3.は、これはもう変態をむしろ小馬鹿にしています。何故、変態であることをカミングアウトした後に、笑う必要があるのか。否、対象に「恥を知れ!」と激怒させることによって、実際の変態行為を引き出そうとしているのです。とても現実的なお人柄が伺えますね。

ffxiv_20140715_210222 (800x540).jpg

 おっと、検証の方向性を間違えてしまったようだ(*´Д`*)

 ここは自分の例えで申し訳ないですが、自らの文字の感情表現のパターンを具体的に紹介したいと思います。

「^^」というのがまず基本形でしょうか。「!」もよく使います。語尾に何も付けないと頭が固い人、或いは冷たい人に思われそう、という強迫観念の故かと思われます。要するに親しみの押し売りみたいなものです。しかし「^^;」みたいな使い方は100%敵意ですので、若干の注意が必要です。

「^^」の変化球として「('-'*)」があります。ずっと同じ顔文字だと馬鹿みたいですからね。「(*´Д`*)」は下ネタ用です。「(ΘωΘ)」はちょっと韜晦している時用。「(/ω\)」は照れ隠し用。まったく詐術のオンパレードですね。呪われろ、偽善のパリサイ人め!!

「w」というのは、元の(笑)としての機能をそのままに、相手方が面白いことを言った時の返しとして、または自分がボケを使った時などに「突っ込めよ?」という恫喝として、活用することが多いです。或いは、どう返答して良いのか分からない、という時にとりあえず「w」とだけ打ってお茶を濁す、なんてことも度々です。和を尊ぶ、大人機能ですね。

 ていうか、ここまで相手への媚びへつらいをしていて、何が想像の翼か、単に自意識過剰なだけじゃないのか。そもそもそれは想像ではなく、ただの妄想ではないのか。妄想の翼。

 そんなもので大空を飛ばれても、もはや公害でしかないと知れ。石をぶつけてやるが良いのさ。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved
posted by ピエール at 02:25| Comment(2) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

パッチ2.3

 今日はいわゆるひとつの台風一過って日和でした。

 ぶっちゃけ幼い頃は「台風一家」だと思っていました。同様の勘違いをしていたブラザー&シスターは少なくないに違いないと思い、試しにネットで検索してみたんですよ。特に、アンサイクロペディアバカ日本語辞典に記述がありましたので、リンクを貼っておきました。映画の題名にもなっているようですね。

 大型台風が梅雨前線も吹き飛ばしたようで、さあこれから夏本番といったところでせうか。しかし一時の爽やかな夏の訪れも、多くの爪跡を残していることを思うと素直に甘受することは出来ません。被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 FF14では、8日にパッチ2.3がアップデートされました。

 予想外のスムーズさで、予定時刻よりも2時間早いアップデート、そして恒例の23時緊急メンテも来ないという開発の仕事ぶりに、皮肉屋は、ここは素直にシャポーを脱ぐしかないでせうか。まあ本日、諸問題で緊急メンテが来ましたけれども。βテストから今までのことを思えば、どうということはないです。なんて、飼い慣らされているだけかもしれないので、注意が必要です。

 2.3のコンテンツは、新しいクリスタルタワーや3つのIDをFCのメンバーやフレとこなしてきました。しかしその内容はまだ現在のタイミングではネタばれになるので控えておいた方が良いでせう。とすると今回のブログのネタがありません。

 ということで2.3直前の話に戻るのですが、邂逅編5層、いわゆるツインタニアをクリアすることが出来ました。

ffxiv_20140708_015807 (800x539).jpg

 パッチ2.2の時も、極イフリートをパッチ直前の深夜帯にCFでクリアし、今回も同様でした。もっとも邂逅編5層に関しては、既に超える力15%が発動してしまっているので、だから何って話なのですが。とはいえ、クリアを目指して5層へのチャレンジを繰り返していたので、正直達成感があります。

 いよいよ侵攻編へのチャレンジとなる訳ですが、膝に矢を受けてしまってな。

 というのも、新しく追加されたモブハントとやらが、どうやらデイリー・コンテンツらしく、つまり現状でもキツキツの1日のノルマにまたノルマが課せられた感じで、実に悩ましいのです。悩ましいのはセクシーポーズだけで良いです。いったい、どこに侵攻編の攻略への時間を割けばいいのか、全然見えてきません。FF14は、デイリーに絡めるのが本当お好きなようです。とは言い条、装備のILを上げる為に必要なあれやらこれやらを集めるのには、モブハントをやらざるを得ないようです。

「そんなの自分のペースでやればいいんだよ」

 という癒しのフレーズが「テスト勉強?ううん全然やってないw」という学生時代の友の台詞と同じに聞こえてしまうのは、自分が捻くれ者の所以だからでせうか。否、あの子もやってないんだからオレもサボろう、という自分の怠け心が一番いけないのです。産まれてきて、まじソーリーで御座います。まあ現実の諸事と決定的に違うのは、ゲームだから悩むのもまた楽し。

 という訳で、テスト勉強もゲーム感覚でやると結構乗り切れるものだよ、という話で今回は〆させて頂きます。知識は身につかんがな、ハハ。「テスト勉強?ううん全然やってないw」と、言う側に廻るのも案外楽しいものですぞ(ゲス顔。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved
posted by ピエール at 17:17| Comment(4) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

花見もの

 今年は梅雨明けが長引いているのか、7月に入ってもすっきりしない天気が続きます。

 基本的に梅雨と言えば、ムシ(蒸し&虫)という自分の嫌いなキーワードに悩まされるので、どちらかと言えば大嫌いです。

 しかし、この嫌な季節に花の開くアジサイは風情のあって、好きなもののひとつです。特にガクアジサイの花は、造形した訳でもないのに見事なものだな、と感心してしまいます。或いは雨の中のホンアジサイも、道の端にあって異質にオーラを放っている感があり、神秘的な心持を抱かされます。

 あじさいに、かたつむり。なんて自由律俳句はいかがでしょうか。無視したらダメですよ(どや顔。

 さて、FF14ですが、2.3のパッチノートも公開され、いよいよヴァージョンアップですね。

 内容が盛り沢山でコメントは差し控えます。ていうか、まだ全部読めていないというのが正直なところです。とりあえず、緊急メンテが多発することは理解しました。

 自分も2.3に備えて残りの幻想薬を使い、サハギンからまたエレゼン・シャーダーに戻りました。

ffxiv_20140630_004755 (800x540).jpg

 闇の炎の中から転生です。

 通りすがりの母子もびっくりしていますね。この後、母の方に結婚を申し込みましたが、断られました。遠慮深いものです。

 気長に娘の成長を待つことにします。

※フレのH猫さんとFCにご加入下さったS本さんです。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved
posted by ピエール at 14:24| Comment(2) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

表彰式

 フスィー!!

ffxiv_20140625_183932 (800x540).jpg

 我が雄姿を括目して見よ。

ffxiv_20140625_183939 (800x540).jpg

 幻想薬を使い、サハギンに転職し、以降、獰猛なイケメンぶりを発揮している、毎度どうもピエールです。

 蛮族クエをようやく全てクリアしました。

 特にサハギンのクエはお気に入りで、まじノォブたんに卵から育てられたいと思うのは、自分だけではない筈だフスゥイー。

 ストーリーも、負の連鎖という何気に深刻なメッセージが含まれていて、ちと考えさせられるような内容でした。ノォブたん戦記として、単体でも物語が出来そうです。FF14外伝に期待ですね。

 一方、コボルトのは……うーん、お前ら人間に媚び過ぎじゃね?的な、例えば男に取り入ることが女子力だと思っているような、或いはマザコンが男子力だと思っているような、そういう根本的な勘違いな感じが、個人的に余り好きにはなれませんでした。いわゆる、同族嫌悪ってやつでしょうかw

 まあ、たんに喜劇として脳味噌を空っぽにして楽しんでくれれば良いよと言われれば、ありなんでしょうが。

 タイムリーなネタとしては、先週の日曜日、以前の記事でもご紹介させて頂きました町内会主催のハウジング・コンテストの、表彰式がありました。

ffxiv_20140629_223426 (800x540).jpg

 本当にたくさんの方にご投票頂いて、予想以上の盛り上がりとなりました。ありがとうございました。表彰式も2時間ほどに渡る大賑わいになりましたよ。

 うちの事務所も2位に着込む大健闘、まあ1位が同票で3FCというオチなのですが。でも、景品を準優勝扱いで頂いてしまいました。土下座ものです。

 1位になった3FCさまのハウジングのSSは、ロドストの日記にアップさせて頂きました。興味のある方は是非ご覧下さい。いずれも素敵なデザインです。

 あと私事なんですが、何の気の迷いか、左手デバイスなんぞを買ってしまい、はい、後悔なんかしてないし。

 税務署の方から自動車税が幾らかバックされまして、あとお店のセールっぽかったとか、色々購入をそそられた理由はありますが、なんといっても一番は、見た目が気に入ってしまったということでしょうか。

002.jpg

 亀みたいでかわいくね?

 使いこなそうとして躍起になっていますが、いやはや、慣れないボタン配置に逆にポテンシャルが落ちてしまい、昨日も、真タコタンで三列ボムを避けきれずに転がってしまいました。

「え? それっていつものことじゃ……」

 なんて思ったやつ、今すぐ前へ出ろ。しくしく;;

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 15:48| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする