2014年06月25日

偉大なる黒魔導士

 我、暗黒の世界で生まれし、光を知らぬ者。偉大なる闇魔導士、うたかたの仮の名はピエール。地獄の番犬ケルベロスでさえも、鼻で笑うという。かくも尊貴にして俗悪、悩殺、撃鉄、鎌首、我が名を呼んだは、貴様か。血と呪の契約により、汝の望みを叶えてしんぜよう。

ffxiv_20140622_023504 (800x540).jpg

「で、なになにワシの生い立ちを聞きたいの? じゃお膝に矢を受けた話からしてしんぜやうか」

ffxiv_20140622_152333 (800x540).jpg

「……逃げられた」

ffxiv_20140622_180017 (800x541).jpg

 落ち込んで召喚された居室をさまよっていたら、巨乳の……いたいけな町娘を発見した。

ffxiv_20140622_143605 (800x540).jpg

 ナンパしてみた。

ffxiv_20140622_143820 (800x540).jpg

 飴玉をエサに秘密の地下室に誘いこんだ。ふははは、こな愚か者め。俗人のように色恋を語るとでも思ったか。我が名は闇のピエール也。我が愛は呪術をおいて他なし。

ffxiv_20140622_144050 (800x540).jpg

 えい、透視。

ffxiv_20140622_144122 (800x540).jpg

 以上、Pたんの小猿芝居でした_(._.)_

 出演;某リサさんSpecial thanks。本人の許可を取っていないのでとても怖いのです。「探さないでください」という置手紙を置いて富士の樹海か恐山に逃げ込んで行方知れずになりたい気持ちでいっぱいです。

 尚、こんな小猿芝居を見せられてとても寒くなった。冷え性が酷くなった。責任を取って下さい。というお叱りは一切受け付けない。ネットの閲覧には危険がつきものなんだお。ぷんぷん('A`)

 まあ、ボクの柔肌で温めてあげる。

 ていうか、適当に激写したSSを後づけでお話?にしたので、装備が微妙に違っていたりなど、間違いを探せみたいになっちゃってますけど、そこは生暖かい目でご勘弁下さい。

ffxiv_20140623_231010 (800x540).jpg

 男キャラの戦記胴の見た目があまりにも酷いので、今まで神話胴をミラプリしていたのですが、それを黒渦団のオフィサーコートに映写し直しました。ついでに足も、DL足にミラプリしています。

 黒渦の制服は以前から好きだったので、概ね満足しています。でも、公式の制服だけに色は変えられないようです。確かに、黄色や青色にしたら……(自主規制

ffxiv_20140624_005927 (800x541).jpg

「はー、でもやっぱり裸がいちばん落ちつくわあ」(くつろぎ過ぎだろうw

ffxiv_20140624_223300 (800x540).jpg

 おあとがよろしいようで_(._.)_

※Special thanksニャロ帝さま。伝説のふかふか座布団を自作されたそうです。ていうかやはり本人の許可を取っていないのでとても怖いのです。「探さないでください」という置手紙を置いて……

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 13:15| Comment(4) | FF14雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

ピアノマン

 若いの、思い出の曲を弾いてくれるかい、甘くて切ないメロディーなんだ、若い頃は空で覚えていたんだが、膝に矢を受けてしまってな。

ffxiv_20140615_215256 (800x540).jpg

 ビリー・ジョエルの名曲を大胆に改訳してしまって、大丈夫でしょうか。

 膝に矢を受けてしまって〜の下りは、自分自身はスカイリムをやったことがないのですが、フレからその台詞を教えて貰って以来、なんだかシュールさが気に入りとなって多用しています。

 さてこのピアノ弾き、自分もとても好きでたまらなく、二回連続で冒頭のネタに使ってしまったのですが、口先の長い舌?も、だんだんハーモニカのホルダーに見えてきませんか?

 という訳で、事務所に入る度にビリー・ジョエルのピアノマンが脳内に流れます、オーラララーディディダー♪

 まあカメラを引くとこんな感じなんですが。

ffxiv_20140615_201111.jpg

 むしろメタル・ミュージックが似合いそうですな。

 楽器や怪人の作成から配置までほぼお一人で作成下さったニャロ帝さまに改めて感謝です。

ffxiv_20140429_233604 (800x540).jpg

 陛下は、こんな可愛らしい外見とは裏腹にエモ声が野太いのですよ。お笑いになられる度にいちいちヘタレの自分は「は!(゚Д゚)」ってなります。上のSSは少し古いので現在はメガネをかけておられますね。

 ところで最近、プレイ日記という割には、プレイについて書いていないのではないかという自責の念にかられまして、ちょっと具体的に書いてみようと思いました。

ffxiv_20140619_161503 (800x540).jpg

 こっちのプレイじゃねえ……|oノωノ)ちら

 まず戦記集めの為のエキスパート・ルーレット、神話集めの為のハイ・ルーレット、討伐戦ルーレット、邂逅編5層の練習PTがないか募集板を見る(なくて諦める)、軍票集めの為のギルドオーダー・ルーレット、所属グラカンのギャザラー品調達、邂逅編5層の練習PTを募集する(集まらなくて諦める)。あ、蛮族クエもありました。

 以上が一日の達成ノルマです。ノルマ型RPGだというのはそういう訳なのです。

 そして時間に空きがあれば、ゾディアックウェポンの課題をちょくちょくといった感じ。

 我ながらこれはハードスケジュールだなと思いますが、徐々には慣れてきているとはいえ……こんな生活は夢がない!!

 それ以上にネタがない!!!!

 由々しき問題である、由々しき問題である。

ffxiv_20140615_214816 (800x540).jpg

 という訳でストレスを音楽にぶつけてみた的なSS。Tiamatサーバーはゴブレットビュート4区へおいでの際は是非お立ち寄り下さい。当事務所は3番地であります。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 16:36| Comment(2) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

ノルマ

 やや体調を崩してしまい、ここ最近、イン時間が短めとなっています。

 MMORPGなんて言いますが、FF14の場合は、1日リセット、1週でリセット、なんてコンテンツが増え続け、ぶっちゃけノルマ型RPGじゃない?

 あれもこれもと頑張り過ぎると、息抜きの筈が逆に疲れてしまいますので、あまりノルマに縛られ過ぎず、気ままにやるのが良いようです。

ffxiv_20140616_012344 (800x540).jpg

 FCのニャロ帝さまの自信作。ピアノを弾くアムダの壁です。

 今、ウルダハ・ハウジングの4区町内会におきまして、内装コンテストなるものを行っておりまして、それに向けて作成して下さいましたのです。

 コンテストには不詳当FCも参加させて頂いております。他にも楽しい仕掛け満載なので、興味を持たれた方は一度覗きに来て下さると喜びます。他FCさまの内装も凝ったものが多く、家具好きには一見の価値があると思いますよ。

 自分も、あちこち見て廻らせて頂きました。

ffxiv_20140619_161340 (800x541).jpg

 いやあ、プレイが捗りますな。女王さまに一票><ノ

ffxiv_20140619_162255 (800x540).jpg

 そしてイフたんに遭遇!!吃驚のピエール!!

 さて冒頭の体調不良も相俟って、エンドコンテンツを遠くに眺めながら淡々とノルマをこなす日々ですが、サブジョブでメインクエIDを廻るのが、密かな楽しみとなっています。

ffxiv_20140611_155349 (800x540).jpg

 新規で始められたスズ猫さまですが、順調に中級まで進まれました。IDにお付き合いさせて頂いているのですが、逆にこっちの方が楽しまさせて貰っている感じです。あの頃は良かった、なんて追憶するのは禁止かい?;;

ffxiv_20140611_162253.jpg

 では、綺麗になったと噂のゴブレットビュートの夕景を眺めながら、今回はここらで失礼賜ります。

 サッカーのワールドカップも始まりましたから、皆さまにおかれましても寝不足には重々お気をつけ下さい。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 21:02| Comment(4) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

フスィー

 6月に入り、梅雨真っ盛りってな感じで雨のそぼ降る日々が続き、いっそ水棲動物になってしまおうかと思わないでもない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 自分も幻想薬を使い、ヒレ呼吸をゲットしました。フスィー。

ffxiv_20140602_010950 (800x540).jpg

 これで極蛮神リヴァイアさん戦でも、例えフィールドから海に落ちても海中を快活に泳ぎ回ることが可能となり、サハギンに転職して本当に良かったなあ、と、そのように嬉しく思う次第なので御座います。

 ていうか、エレゼンとサハギンは体型が似ているという事実に気が付きまして、カバは鯨の仲間であると同様、おそらく起源は一緒なのではないかと思われます。

 使い廻しのデザインなどとは、ゆめゆめ思ってはなりません。

 さて幻想薬販売に伴い、自分の周囲でも姿を変える人を稀によく見かけるようになりました。

ffxiv_20140606_010745 (800x540).jpg

 特にフレのメル師が、性チェンジしたのには驚きでした。

 メル師は、当ブログにも度々ご登場下さっているのでご存じかと思われますが、イケメン爆発しろのオスッテだったのです。とはいえ、イメージは変えずにメスッテにされたということで違和感はないのですが、いかんせん、こちらの意欲が違います。

 思わずフレ登録を申請したのですが、既にフレ登録をしてあって絶望しました。

 個人的には、パッチで追加された正座のモーションがお気に入りです。

ffxiv_20140606_210146 (800x540).jpg

 例えばこんな構図でプレイが捗ります。

 開発ナイスジョブ、と喝采を送りたい気持ちでいっぱいなのですが、どうやら我々ハンサムたちのへの配慮というより、忍者実装に向けたエモなのでしょうか。

 今日公式HPを見たら新ジョブの情報が乘っていました。

 トリッキーな動きをするこんなジョブ、見た目も楽しそうで絶対人気が出ますよね。動画で見ると頭の上とかに乗っかっちゃっています。

 ただ懸念されるべきは、これがDPSだった場合、従来のタンク不足に益々拍車がかかることは、想像するに難しくありません。

 やはり空蝉実装でタンクなのでしょうか。

 まあ、攻略的なことは自分の範疇外ですから置いといて、忍者数名で囲炉裏を囲んで車座、とかやってみたいものです。

 どうせなら「胡坐をかく」のエモも欲しいものですよね。

ffxiv_20140608_011620 (800x540).jpg

 うちのリテイナーも無事カンストしまして、何やら変な宗教に入ったのではないかと心配をするくらいの見た目になって、面白かったのでSSを貼っておきました。

 それこそ蛮族のリテイナーも雇えるようにならないかなあ、と密かに夢想しております。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 14:44| Comment(2) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

パッチ2.28に首ったけ

 北海道で30度超、なんてニュースがやっていたと思ったら、一転して寒いくらいの今日、いよいよパッチ2.28の日です。

 本日は早番で帰宅が早かったものの、メンテでイン出来ず、じゃあってんで公式サイトにて、2.28のパッチノートを熟読しました。

 一番の目玉は、ゾディアックウェポンの続編が追加されることでしょうか。しかし、自分は未だ初期段階の完成が到底届かなく、終わる頃には既にパッチ2.3、どころか次のパッチを迎えていることでしょう。つまり、関係ない。以上。

 ていうかレターライブで、黒魔導士の強化が入るという話題を耳にしましたが、そのような内容は乗っていませんでした。パッチ2.3でしょうか。

 とは言い条、現在の黒魔導士のスペックを理解し切れておらず、何が弱体で何が強化なのか、ぶっちゃけ分かっていない自分にとって、これをどうこう言える立場にあるのか。また、強化されれば他の黒魔導士も相対的に強化される訳で、一方、馬鹿黒の自分は、能力を上乗せされたところで求められる数字を叩き出せる訳でもなく、イラナイ子なのは依然として変わりはないのです。

 よって、幾らメインジョブであるとはいえ、メインジョブ=ただそれしか育てていない、の自分にとっては、ジョブの強化もさほど関係がない。以上。

 我は諸行無常の裏ストリートを歩むのです。

 しかし、キャスター職として召喚も出来なくてはならないという話を小耳に挟み、召喚士を上げるのは、ひとえにミーハーな故なのであります。

ffxiv_20140527_000527 (800x540).jpg

 実際、黒が正直イラナイ子化しているのはバハムートの侵攻編の仕様によるものだと風の噂で聞き及ぶのですが、邂逅編の5層すらクリア出来ていない自分にとっては、全く見当違いな所業だと言えましょう。

「まったくピエールは無能でカスの最低の屑野郎だな」とのご指摘には、残念ながら諾としか言い様が御座いません。

 産まれてきてすいませんでした、などと嘯いてへらへら笑うという姿勢、それが即ちパンクということなのかな、と思うに至った次第であります。

 召喚士のレベルが36になりました。

 今後もっとレベルが上がった暁には、上のSSのメイン召喚のお姉さまに罵倒と体罰による厳しい教えを乞う予定であり、まったくもって、私にはバラ色の未来が開かれていると言えましょう。

ffxiv_20140528_162819 (800x540).jpg

 召喚士のクエストも確実にこなす日々です。

ffxiv_20140528_225143 (800x540).jpg

 ただ単にドヤ顔でSSが撮れていたのでアップしたかっただけです。

 そういえば今のピエールの姿形は、βテストから変わらずなのですが、意外に気に入っているので、幻想薬もパッチ2.28の目玉のひとつであるようですが、自分には関係ない。以上。なんてフラグを立て、次回の記事でいきなり「新生しました」というのは、当ブログの鉄板の展開なのですが、いや、今回ばかりは本当にないです。エレゼンの見た目の灰汁の強さは、良きにつけ悪きにつけ、格好のネタであるからなのであります。

 ていうか、わくわくのアップデートに際して、関係ないの一点張りで「本当にピエールは卑屈で腐ったコンコンチキだな」というお叱りには、全面的に謝罪したい意向で御座います。

 ネガティブなのは誠に罪です。

 生きていてごめんなさい。

 しかし、本当の心もちは、楽しみで仕方がありません。この喜びを何と伝えよう。Joy,Joy,尊王攘夷♪と歌い踊りながら、排気ガスで淀んだ雨の中を所々骨の折れている箇所のある蝙蝠傘を広げ、地団駄を踏みたいような気分で一杯なんだよ、と皆にハグしながら告げたい。テンションがマックス・ハイテンションになり過ぎて、まるで光の届かない暗闇に棲んでいる深海魚のように海底を微動だにせず腹這いになっている、そして口だけをただパクパクさせている。例えるならば、そんな感じです。

 夜になって冷え込みが強くなり、炬燵を片づけなかった自分に隙はないのです。

 ご縁があればエオルゼアのどこかでお会い致しましょう。かしこ。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 19:53| Comment(3) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする