2017年09月30日

ネロさンは格が違ったンだ

 未だ日中の残暑は厳しいですが、朝夕はだいぶ涼しくなってきましたね。あれだけ騒がしかった蝉の声も懐かしく感じられるほど、秋の気配が忍び寄ってきたように思われます。皆さまにおかれましては、お風邪など召されないよう、くれぐれもご自愛ください。

 自分は最近、夜勤と午後から勤務の遅番業務が増えてきまして、いきおい自宅にいる時間帯が一般のお勤めの方とは違うことが多いせいか、騒音の苦情が不動産屋経由でポストに入っておりまして、ややテンション低めの日々です。

 いうても、自宅にいる時は独りヘッドホンでゲームや動画、エレクトロ音楽を観賞するばかりなので騒音とは縁遠い自宅警備員な自分ですが、洗濯やお風呂、食事を作る音がきっとうるさかったのかなと、猛省するばかりでございます。

 まあ、気の滅入る仮想空間の話はここまでにしておいて、リアルの話です。

 オメガ・ノーマルのクリア(PT募集に参加してくださったプレイヤー、手伝ってくれたフレンドに感謝)や、風脈をクリアしてパッチ4.0のエリアを全て飛べるようになったりと、それなりに充実したエオルゼア生活を送っております。

ffxiv_20170918_012047.jpg

 上のSSは、風脈探しに東奔西走するピエールの画像ですが、風景が綺麗過ぎですね、しかしギラバニア湖畔地帯の風脈が本当、いやらしい位置にありまくりで、苦労させられました。

 でもピエールさンは「そういうのお好きなんでしょう?」つって、そんなことないッ!! びくンびくンびくン。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 14:55| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

3体目のリテイナー

 黒魔導士のDPS向上の為には、クリティカルや詠唱速度よりもまず、下半身だと思うんですよね。

 というわけで始めたランニングですが、趣味というよりも続けているうちに「走らないとコラプスも撃つことが出来なくなる」という強迫観念に駆られ始め、FF14と共に続けている生活習慣なのです。

 今年度は、11月の大井川マラソンでスタートして、3月の板橋Cityマラソンで〆る。そしてエオカフェで喰い倒れる。

 という青写真を描いております。

 黒魔導士のコスプレして走るから、みんな応援よろしくな(嘘です。

ffxiv_20170726_020224.jpg

 さて、パッチ4.0でさらに装備やアイテムが増えたので、リテイナーを1体購入してみました。

 紅蓮のリベレーターの主役とも言えるアウラ・ゼラの男性キャラを作成してみましたが、コンセプトは「ゼラっぽくないアウラ・ゼラ」。

 自分ではなかなかの出来だと思うのですが、いかがでしょうか。キャラクリ大好き紳士でございます。それが高じてFF11のメインジョブは、きゃらくり士(からくり士)。なんつって。ぶたないでください、びくんびくん。

 性格は冷徹で「我が狩りの犠牲者、今宵の生贄云々」などと台詞を言いますが、園芸師です。

 脳内設定ではピエールもいちおう農村出身なので、いかつい見かけの二人が「真夏の草取りとか辛いよね」なんつう会話をかわしているんじゃないかと想像すると、なんだか微笑ましくなりますね。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 02:31| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

まったり継続中

 あれだけ五月蠅かった爆弾のような蝉の声も、いつのまにやら落ち着いて、まだまだ暑い日が続きますが夜長月とあいなりまして、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 友人から送られてきた暑中見舞いの返事を未だにしておらず、やあ残暑見舞いになってしまったなと思いつつ、友人の下へ返信が届くまでは暑い日が続いて欲しいと願っております。

 ピエールのエオルゼア活動ですが、紅蓮のリベレーターのメインクエストが終わりまして、蒼天のイシュガルドに引き続き、とても素晴らしいシナリオでした。

ffxiv_20170623_225324.jpg

 パッチ4.1がもうすぐ始まりますが、メイン・シナリオがまた楽しみですね。

 エキスパート・ルーレットの方も、フレンドたちの手を借りながら廻せるようになりまして、少しずつ装備の方も整って参りました。

 エンド・コンテンツは、先週、極ラクシュミの毎度おなじみヴィルさんの主催PTに参加することが出来まして、初見でしたが、クリアすることが出来ました。

 極蛮神を初見でクリア、だと?

 なに? おいら、知らないうちにプレイヤー・スキルが上がってんじゃね? 天才か!! おっと皆さんサインは順番ですよ、こらこら押すな押すな、HAAAAA的に鼻高々なのですが、今回の極シリーズは簡単に設定されていたらしいですね、ちぇ。

 ていうかピエールは、ラスト死にまくっていたがなw つまり、いずれにしても出荷奴ですね!w

ffxiv_20170902_220318.jpg

 ちょっとSSが綺麗に撮れませんでしたが、極ラクシュミのクリア後の一コマです。

 トミーさん、ヨーコさん、ヘルさん、ヴィルさん、だいたいいつものメンバーで、ありがとうございます。

 野良ではとても参加出来ませんが、みたいな自分のようなまったりプレイヤーでも、おかげさまで気の置けない仲間たちのおかげで、エンドコンテンツを楽しむことが出来ています。

 リアル(FF14)でも仮想空間でも、コミュ障の自分ですが、とても身分不相応な良い縁に恵まれていると、感謝の念を禁じ得ません。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 02:06| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

夏を先取りか!(泳ぐということ)

 今さっきのことですが、夜勤明けの体を鞭うって皮膚科に行ったら、予約してあったにも拘らず待合が満員で、自家用車すらをも駐車出来ず、診察をキャンセルし、すごすご帰宅してきたピエールの仮の人です。

 予約の意味ねえわ! とか、ちっとも怒っていないエセ紳士です、ふるふる。

 皮膚科大人気ですね。

 まるでFF14のようだ!!(謎の媚び諂い)

ffxiv_20170621_222044.jpg

 自分は新しい職場で夜勤が続いたりで、なかなか思うさまようにイン出来ていませんが、それでも紅蓮のリベレーターを楽しんでいます。

 復帰のフレンドも少なくなく、それもまた楽しさを増やす大きな要因ですね。

 ところで紅蓮のリベレーターでは、泳ぐモーションが重要な移動手段ですが、皆さまにおかれましては、ちゃんと泳ぐ時に水着に着替えておられますでしょうか?

 私は、着替えを欠かしません。

ffxiv_20170629_002424.jpg

ffxiv_20170629_002432.jpg

 ですが、特にミラージュ・プリズムをしてある訳でもないので、敵に絡まれると2発で死にます。

 ウォールも、フィジクも、廃止になりましたので、かよわい黒魔導士の身では、敵から自分を守る術など、御座いません。

 いきおい、メタルギア・ソリッドのようなスニーキング技術が求められますので、オレはソリッド・スネークだぁなんつって、1粒で2度おいしい、まるでアーモンド・グリコの如き、スリルと恐怖を堪能しております!!

……そうですね、幼少の頃からピエールは「何をしているか全く理解出来ないけど一人で楽しく遊んでいる子だよね」と周囲の大人たちから、寵愛と侮蔑の入り混じった視線を浴びていたものです。

 三つ子の魂100まで、ということでしょうか? うくく。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 19:37| Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

紅蓮のリベレーターが始まりました

 いよいよ紅蓮のリベレーターが始まりましたね。

 酔い過ぎて寝落ちする、ログアウトした記憶がない、あいまいな記憶の中で親しい人から怒られた気がする、など、本当に楽しく、腹を掻っ捌きたい気持ちでいっぱいです。

 ちらほら、カンストされるプレイヤーも身内で見られますが、ピエールは上記のような酩酊のありさまで、いまだレベル61でございますよ。

ffxiv_20170617_173232.jpg

 ネタバレは極力避けたく、初めの方で訪れる街とだけ言っておきますが、泳ぐだけなら出来ます!

 スプリントするとクロールします。

 思えば、ピエールの仮想空間の人は高校生の時「お前は泳いでいるのか、溺れているのかw」と体育教師に馬鹿にされるくらい、泳ぎが苦手なので、泳ぎが達者なピエールがとても羨ましいです。

 あと、世界設定好きなプレイヤーとしては、かつていたちょい役NPCが、今作では結構重要な役割を担っていたりして、そこも紅蓮のリベレーターの見どころかと存じます。

ffxiv_20170617_212424.jpg

 特に、アバとオリが気にかけていた若者が、ついに活躍の場を与えられて、甥っ子の成人をみつめる叔父さんのような、心持ちですよ。

ffxiv_20170617_220841.jpg

 だがしかし、アルフィノと同い年だったとは、お前、老け顔過ぎだろう!

 新しいマップも楽しみで、なかなかメインクエストが進行しませんが(NPCとは全員と会話したい派)、未だ観光気分で、アラミゴやひんがしの国をさ迷っています。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by ピエール at 17:48| Comment(2) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする